ここから本文です

がん診療センター

がん診療センターの新着情報

このページを印刷する

センター長紹介

がん診療センター長  棟方 正樹 棟方 正樹 (むなかた まさき)【消化器内科部長、緩和医療科部長】
卒業年/昭和63年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、
     日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、
     日本がん治療暫定教育医、日本内科学会認定内科医
得意分野/消化器病学、臨床腫瘍学

センターの紹介

当院では、2008年4月に都道府県がん診療連携拠点病院として、がん診療センターを立ち上げ、各科横断的なシステムを導入しました。
 
院内がん登録を見ますと、2014年には約2200名の新たな患者さんが受診されています。
 
患者さんのがん診療への期待に応えるため、診断能力の向上や手術、抗がん剤治療、放射線治療、緩和ケアなどの治療と同時にケアの向上に努めています。
 
患者さんのQOL(生活の質)を上げるために、医師だけでなく多種間の連携によるチーム医療の充実を図り、また、地域がん連携パスを取り入れて地域完結型の連携医療の展開も積極的に行っています。
 
このように当センターでは青森市民、さらに青森県民の皆様に質の高い安全な医療を提供していきたいと思います。
 
最近は高齢化に加えて、種々の合併疾患を持つ患者さんが増えていますが、それらの疾患にも専門性をもって対処できる総合病院としての利点も多くあります。
 
チーム県病として集学的かつ全人的ながん医療を目指し、青森県におけるflagshipとしての役割を担っていきたいと考えております。
 
ダヴィンチSiサージカルシステム
 

*詳しくはがん診療センターの取り組みをご覧ください。

本文はここまでです