ここから本文です

がん診療センター

がん診療センターの新着情報

このページを印刷する

センター長紹介 | センターの紹介 | 取り組みの概要

センター長紹介

がん診療センター長  棟方 正樹 棟方 正樹 (むなかた まさき) 【医療管理監、消化器内科部長】
  • 卒業年/昭和63年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、日本がん治療暫定教育医、日本内科学会認定内科医
  • 得意分野/消化器病学、臨床腫瘍学

センターの紹介

当院では、2008年4月に都道府県がん診療連携拠点病院としてがん診療センターを立ち上げ、各科横断的なシステムを導入しました。県内唯一の総合病院の中に、緩和ケアセンターを含めた11の診療科とがん診療センター企画室などの事務企画部門も有し、患者さんのがん診療への期待に応えるために、診断能力の向上や手術、抗がん剤治療、放射線治療、緩和ケアなどの治療と同時にcareの向上に努めています。
 
院内がん登録を見ますと、2016年には約2,500名の新たな患者さんが受診されています。患者さんのQOL(生活の質)を上げるために、医師だけでなく専門的看護師、薬剤師ら多職種が専門チームを組んで、がん医療の充実を図り、地域連携パスを取り入れた地域完結型の連携医療の展開も行っています。当院ではがん医療において標準的な治療の他に、化学療法では分子標的薬や最近では免疫チェックポイント阻害剤をチーム医療で安全に行っています。また、内視鏡的粘膜下層剥離術等の内視鏡治療、腹腔鏡下手術やダビンチ手術等の最先端治療も積極的に取り組んでいます。
 
本県は全国一の短命県であり、その対策として、特にがんによる死亡者数の低減、がん医療の質の向上が重要で、県民に対するがんに関する正しい知識の普及を行うとともに、医療従事者の資質の向上を図るための取り組みを行っています。また、当院ではがん治療の専門医の他、専門看護師、専門薬剤師などチーム医療をすべき優秀なスタッフをそろえ、多職種連携のもと安全で効率的ながん治療にあたっています。チーム県病として集学的かつ全人的ながん医療を目指し、青森県におけるflagshipとしての役割を担っていきたいと考えています。

このページのTOPへ

 
ダヴィンチSiサージカルシステム

取り組みの概要  ~新しい医療モデルの創造を目指して~


がん診療センターの取り組みをご紹介します。

このページのTOPへ

本文はここまでです