青森県立中央病院

形成・再建外科

診療スタッフ

部長 太田 勝哉(おおた かつや)

  • 卒業年/昭和58年
  • 資格など/日本形成外科学会専門医、日本熱傷専門医、日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医、日本創傷外科学会専門医、日本褥瘡学会評議員
  • 得意分野/唇裂口蓋裂、乳房再建、手足の先天性奇形、頭蓋顎顔面外科

紹介・予約の流れ

  • 該当する患者さんがいらっしゃる場合は、医療連携部(電話:017-726-8177)へご一報の上、「診療予約申込書」と「診療情報提供書」をFAXくださるようお願い致します。

診療内容

1. 先天奇形

頭蓋骨早期癒合症、先天性皮膚欠損、眼瞼下垂、唇裂、口蓋裂、副耳、貝殻耳、埋没耳、折れ耳、小耳症、鰓弓症候群、耳前瘻孔、正中頸嚢胞、合指症、重複母指、多指症、多合趾症、先天性絞扼輪症候群、漏斗胸、臍ヘルニア、尿道下裂、脊椎髄膜腫

2. 外傷

軟部組織損傷、顔面骨骨折(鼻骨骨折、視束管骨折、眼窩吹き抜け骨折、頬骨骨折等)手足の骨折、熱傷(凍傷、低温熱傷、化学損傷、電撃傷、雷撃傷)、咬傷、切断肢

3. 各種癌後の再建・切除

頭頚部癌、食道癌、乳癌、皮膚・軟部組織悪性腫瘍(BCC、SCC、DFSP、悪性黒色腫)

4. 軟部組織腫瘍

皮膚良性腫瘍(上皮嚢腫、脂肪種等)、毛巣洞、血管腫(乳児血管腫、毛細血管奇形、静脈奇形、AVM)、有毛性色素性母斑、太田母斑、扁平母斑、ケロイド

5. 肥厚性瘢痕瘢痕拘縮

術後、外傷後瘢痕拘縮、術後瘢痕ヘルニア

6. 難治性潰瘍

Surgical Site Infection(SSI)、縦隔炎、MDRPU等の医原性潰瘍、褥瘡、糖尿病性潰瘍、下腿潰瘍

7. その他

顔面神経麻痺、咬合異常、下顎前突、小顎症、陥入爪、巻き爪

8. 美容外科

重瞼、腋臭症、脂漏性角化症

まだまだ、体制(手術枠、外来、人員、物品等)整っていませんが、お困りの際は、ご相談いただければ幸いです。2018年9月から乳児血管腫等の〝あかあざ″に対し皮膚良性血管病変治療用レーザー装置VbeamⅡ、2019年より黒あざ様ALEXⅡが本院に導入されています。

部長から

体表面の先天性、後天性の変形、奇形、血管腫、腫瘍の治療を行っています。お気軽にご相談ください。

関連リンク

診療日

月曜日〜金曜日
新患 | 8:20〜11:30
再来 | 7:45〜11:30

※午後は原則一部診療科と特殊外来のみ

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29〜1/3)

※診療科によっては受付時間の変更または曜日による休診がございます。
詳しくは「外来診療担当医表」をご覧ください。

青森県立中央病院の外観

青森県立中央病院

〒030-8553 青森県青森市東造道2丁目1-1
電話 017-726-8111
FAX. 017-726-8325

県立中央病院への交通アクセス

診療時間 交通アクセス よくある質問 お問い合わせ 電話する