患者さんを相手にするので、責任感を伴いますが充実しています。

初期研修医 三浦栞

青森市出身
弘前大学卒業後、初期研修医2年目として日々を過している。

問:研修先として県病を選んだ理由を教えてください。
三浦 私は県病で生まれました。自分の生まれた病院で医師人生を始めてみたいと思ったのがきっかけでした。実際に研修内容を調べてみると、診療科が多く専門性が高いことや、common diseaseの初期診療から大きな手術まで経験できるため県病での研修を希望しました。

院長からのメッセージ

最先端の医療提供と、更なる地域医療への貢献を目指して

青森県立中央病院は青森県唯一の県立総合病院として、常に最先端の医療を県民に提供すべく、日々の診療に邁進しています。国が主導する政策医療のなかで、厚生労働省は5疾病5事業および在宅医療を重点項目として掲げています。5疾病は、①がん、②脳卒中、③急性心筋梗塞、④糖尿病、⑤精神疾患で、5事業は、①救急医療、②災害時医療、③へき地医療、④周産期医療、⑤小児医療になります。当院ではこれらの政策医療に対応した医療を提供すべく、院内センター化を進めており、5疾病については「がん診療センター」、「脳神経センター」、「循環器センター」、「糖尿病センター」を立ち上げ、対象疾患を集学的に治療する体制を構築しています(なお、精神疾患は県立つくしが丘病院が入院部門を担当)。5事業については、救命救急センターの新築やドクターヘリの運航などにより、24時間体制で救急・災害医療に対応しており、また、総合周産期母子医療センターにおいて、産科医と小児科医が協力して難度の高い出産、低体重出生児の診療を行い、さらにその後の生育支援までと、系統的な周産期医療をセンター内で行っています。へき地医療につきましては、総合診療部の機能強化によるへき地医療機関への支援を行っており、加えて医師が不足する地域拠点病院に対しては、その要請に応じて定期的な医療支援を行っています。その他にも当院では、MRI棟の新築、ダ・ヴィンチ手術室やPET-CT導入などによる医療設備の充実化も図っており、最先端の医療が遅滞なく提供できるような体制を整備しています。

さて当院の病院運営は、4年ごとに策定される経営計画プランに基づいて行われますが、今後は「地域医療構想」の進捗と整合性を保ちながら運営を進めていくことになります。「地域医療構想」は、団塊の世代が75歳以上になる2025年における地域医療の在り方を各県の構想区域ごとに策定するものです。本構想における当院の役割は、県内全域を対象とした全国レベルの高度・専門医療の提供と地域医療の支援となっています。これは「地域完結型医療」を目指して在宅医療を進める我が国の政策医療の一つでもあります。これまで当院が担ってきたのは、「面」である(青森県全体)への高度医療の提供ですが、今後はこれに加えて、「点」である(地域)をより重視した医療提供が必要になります。当院における治療の終了は地域における医療過程の通過点に過ぎず、より長い時間軸での患者対応が求められます。そのためのツールが地域連携パスであり、「あおもりメディカルネット」を中心とする医療情報ネットワークになります。現在の当院の経営計画プランのテーマは『新たな医療モデルの創造』ですが、今まさに当院に求められているものは、広く「面」を診ながら、深く「点」を視ると

いった新たな医療提供体制になります。そのためにはこれら情報ツールを自在に駆使することが必要であり、今後さらにその精度を高めていくつもりです。
これらの新しい医療モデルを築きあげていくためには、多くの医療関係者のご協力が必要になります。意欲のある多くの方々の参加をお待ちしております。

青森県立中央病院長 藤野 安弘

青森県立中央病院とは?

県民の健康をささえ安全で高度な医療を提供し患者さん中心の心あたたかな病院を目指します

良質で安全な医療の提供

  • チーム医療に基づく過不足のない医療の提供に努めます。
  • 患者さんの安全安心を第一に努めます。

患者さんの権利の尊重

  • インフォームドコンセント(説明と同意)に基づく信頼関係の構築に努めます。
  • 患者サービス、接遇の向上に努めます。

保健・医療・福祉との連携

  • 県の基幹病院として、関連する医療機関や団体との連携を深め、地域医療の充実に努めます。

臨床教育・研究の充実

  • 医師臨床研修の充実、質の高い医療従事者の育成に努めます。
  • 患者さんのための臨床研究を推奨し、医療水準の向上に努めます。

健全で効率的な病院経営

平成29年度募集要項

当病院は、東北地方でも有数の規模を誇る青森県唯一の県立総合病院です。
全国ランキングにも取り上げられるほどの豊富な症例数、多彩な放射線診断・治療装置を始めとした高度医療機器、充実した指導体制、活発な研究活動の奨励等、臨床での実力を身につけ専門の資格を取得するために、絶好の場を提供できると自負しています。

大学病院等高度医療機関や県内自治体病院等との連携を図り、効果的な研修プログラムを準備しており、本人の希望に沿った様々な組み合わせが可能です。
特に地域医療に意欲のある志を持った研修医を歓迎します。
当院で臨床研修医を志す皆様を、職員一同心からお待ちしております。

後期研修医も募集しています。

各診療科等の1年単位ごとに作成された研修プログラムに基いて研修を行います。本人の希望により関連施設の組み合わせも含め、ストレート研修(3年間同一診療科)、ローテート研修(複数診療科組み合わせ)も選択可能です。3年次には選考の上、海外派遣研修を実施します。

先輩からのメッセージ

このページのトップへ