青森県立中央病院

腫瘍放射線科

腫瘍放射線科の新着情報

診療スタッフ

部長 横内 順一(よこうち じゅんいち)

  • 卒業年/昭和62年
  • 資格など/日本医学放射線学会治療専門医、日本がん治療医認定医機構がん治療認定医、日本医学放射線学会研修指導者、日本医師会認定産業医、昭和大学病院放射線治療科兼任講師
  • 得意分野/放射線治療

副部長 藪内 伴憲(やぶうち とものり)

  • 卒業年/昭和62年
  • 資格など/日本医学放射線学会治療専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医学放射線学会研修指導者、医師臨床研修指導医
  • 得意分野/放射線治療

診療内容

放射線治療

3次元放射線治療、化学放射線治療、強度変調放射線治療(IMRT)、画像誘導放射線治療(IGRT)、定位放射線治療(SRT、SRS)、体幹部定位放射線治療(SBRT)、全身照射(TBI)、小線源治療(RALS)。

放射線同位元素内用療法

骨転移を有する去勢抵抗性前立腺癌に対する塩化ラジウム223治療、B細胞非ホジキンリンパ腫に対するイットリウム90標識抗CD20抗体治療。

腫瘍放射線科受診について

1. 初診

院内の各科、院外の医療機関からの紹介状が必要です。放射線治療の適応があるかどうか判断し、適応がある場合は各患者さんの状況に合わせて治療の目的、スケジュール、副作用などを説明、相談し、同意を得ます。

2. 放射性治療計画

大多数の放射線治療を受けられる患者さんは位置決め、計算用のCT撮影を行ないます。すでに診断目的のCT検査を撮影された方にも必要です。その際に体にインクで印をつけたり、体の型取りを行なったりします。

3. 放射線治療

放射線治療は必ずしも入院する必要はありません。外来で治療をされている方もたくさんおります。一部の放射線同位元素内用療法は保険診療上、外来患者さんのみが対象となるものもあります。

関連リンク

診療日

月曜日〜金曜日
新患 | 8:20〜11:30
再来 | 7:45〜11:30

※午後は原則一部診療科と特殊外来のみ

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29〜1/3)

※診療科によっては受付時間の変更または曜日による休診がございます。
詳しくは「外来診療担当医表」をご覧ください。

青森県立中央病院の外観

青森県立中央病院

〒030-8553 青森県青森市東造道2丁目1-1
電話 017-726-8111
FAX. 017-726-8325

県立中央病院への交通アクセス

診療時間 交通アクセス よくある質問 お問い合わせ 電話する