青森県立中央病院

【県病だより】リハビリテーション科part.2 ~リハビリで使用する道具~

2022.08.18 更新

リハビリテーション科Part.1では職種について紹介いたしました。Part.2では職種ごとに使用する道具やリハビリの重要性について紹介します。

主な道具の名称と使い方

長下肢装具
脳卒中などによる麻痺で脚に力が入らなくても、この装具を着用することで歩く練習が可能になります。
リハビリテーション科2.1

アクリルコーン
麻痺や筋力低下のある手指や腕を操作する練習に使用します。
リハビリテーション科2.2

スプリングバランサー
腕の重さを軽減し、弱い力でも腕の動きをコントロール可能にする道具です。
バルーンスプーン
持ち手が握りやすく、匙の角度が調整できるように作られたスプーンです。
リハビリテーション科2.3

アイス棒
氷水に綿棒をつけて上顎や舌を刺激することで、喉の感覚を高めてむせ込みの減少や飲み込みの誘発を行います。
リハビリテーション科2.4

他にも下記のように多種多様な道具を使用します。
リハビリテーション科2.6
リハビリテーション科2.7

リハビリの重要性について

病気の発症や治療・手術後の安静臥床で生じる筋力低下や誤嚥性肺炎、認知機能低下などの二次障害を予防するためにできるだけ早い時期から離床に向けた取り組みが必要となります。
また、生活をするうえで必要な動作、食事、コミュニケーションの再獲得を目指し様々な練習を行います。

スタッフから

患者さんをリハビリする上で気をつけているところは、超急性期で状態が不安定な患者さんから、末期癌の患者さんまでリハビリ対象の幅も広いため、体調管理や病状急変などに十分気をつけて介入するように心がけています。

(業務中のスタッフ集合)
リハビリテーション科2.5

当院では現在、言語聴覚士と作業療法士の正職員の募集を行っております。その他の正職員の募集【看護師(助産師)・医療技術職員】についても下記をご覧ください。

また、当院リクルートサイトでは、看護師、医師や医療技術職員の仕事などがご覧いただけます。

診療日

月曜日〜金曜日
新患 | 8:20〜11:30
再来 | 7:45〜11:30

※午後は原則一部診療科と特殊外来のみ

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29〜1/3)

※診療科によっては受付時間の変更または曜日による休診がございます。
詳しくは「外来診療担当医表」をご覧ください。

青森県立中央病院の外観

青森県立中央病院

〒030-8553 青森県青森市東造道2丁目1-1
電話 017-726-8111
FAX. 017-726-8325

県立中央病院への交通アクセス

診療時間 交通アクセス よくある質問 お問い合わせ 電話する