青森県立中央病院

外来看護班

看護部 外来看護班

ー部署ー

  • 1F
    眼科、皮膚科、内分泌内科、総合診療部、循環器科、心臓血管外科、リウマチ膠原病内科、脳神経内科、脳神経外科、輸血細胞治療部、血液内科、整形外科、リハビリテーション科、採血室、内視鏡部、外来治療センター、入院検査説明センター、放射線部
  • 2F
    小児科・新生児科、泌尿器科、呼吸器内科、呼吸器外科、歯科口腔外科、緩和医療科、麻酔科、耳鼻咽喉科・頭頸部外科、消化器内科、外科、産婦人科、メンタルヘルス科
  • 地下
    腫瘍放射線科、形成・再建外科
  • 看護スタッフ141名 【令和元年度】

糖尿病センター

看護部 糖尿病センター

眼科,皮膚科,内分泌内科で構成されます。 特徴はチーム医療の実践です。

糖尿病療養指導士の資格を有する看護師が中心となり、外来と病棟が連携を図りながら様々なことに取り組んでいます。

看護部 糖尿病センター

フットケア外来、透析予防指導、夜間糖尿病教室の開催(年4回)、その他、患者支援も行っています。

フットケア外来 詳細

血液内科・輸血細胞治療部

血液内科

血液内科では、LTFU外来(移植後長期フォローアップ外来)を行っています。
移植後長期フォローアップ=Long Term Follow Up=LTFU

LTFU外来 詳細

輸血細胞治療部

貯血式自己血採血末梢血幹細胞採取時の看護を、学会認定の自己血輸血看護師、アフェレーシスナースや臨床輸血看護師の資格をもつ看護師が、患者さんの安全・安楽に努めて行っています。

看護部 輸血細胞治療部
  • 貯血式自己血採血とは、手術の際の出血に対して同種血(他人血)による副作用を予防するために自分の血液を手術前に採血しておく(貯血)方法です。
  • 末梢血幹細胞採取とは、患者またはドナーから末梢血幹細胞移植に必要な末梢血幹細胞を採取することをいいます。

外来治療センター

看護部 外来治療センター【概要】

当院の外来治療センターでは、ベッド19台、リクライニングチェア11台の計30床を配備し、ご希望の方には、DVD機器での視聴やTVがご利用いただけます。
明るく清潔感のある空間で、リラックスして治療を受けていただいております。

看護部 外来治療センター

外来治療センターでは、1日平均35人、年間8500件を超える治療を行っています。専門的知識と技術を持ったスタッフ11名が、安心して療養を続けられるよう、医師や薬剤師、栄養士などと連携して対応しております。
定期的にトレーニングを行うことで、緊急時にも安心して治療が受けられるように、研鑽を続けています。

外来でも多くの患者さんが、安全に抗がん剤治療を受けられるようになりました。

患者さんにとっては、ご自宅で生活を送りながら通院で治療を続けられるため、個々のライフスタイルを大きく変えることなく、精神的な負担感の軽減にもつながっています。

がん診療センター(外科・消化器内科)

看護部 外科・消化器内科

がん診療センター(外科・消化器内科)では毎日150~200人前後の患者さんが受診しています。

患者さんが安心して検査や治療を受け、地域で療養を続けることができるように専門的な知識や技術を提供し、患者さんや御家族の日常生活に寄り添い、サポートすることを心がけています。

がん治療に伴う、治療の副作用、痛みやつらさなどの症状について、スクリーニングを行い早期に対応できるよう取り組んでいます。また、がん相談支援センターやがん看護専門外来と連携し、患者さんが継続的な在宅医療を受けられるよう支援、橋渡しをしています

放射線部外来

看護部 放射線部外来

看護スタッフ:14名

当部署は、医師・放射線技師・臨床工学技士・看護師がそれぞれの専門性を活かして協力し合い、チームで取り組んでいます。

看護師は、CT・MRI・RI・PET-CTにおける検査看護や、低侵襲検査・治療であるIVR(画像下治療)での直接介助・間接介助を行なっています。

近年は脳梗塞に対する血管内治療も積極的に取り組んでいます。

看護部 放射線部外来

また、INE(インターベンションエキスパートナース)が中心となり最先端装置・デバイスの勉強会やトレーニングを行なっています。さらに、スタッフ全員で各検査に関する勉強会や、急変時訓練も行ない、患者さんが安全安楽に検査・治療を受けられるよう積極的に取り組んでいます。

各検査室に担当看護師がいますので、疑問や不安に思う点などございましたら、お気軽に声をかけてください。

看護部 放射線部外来

腫瘍放射線科

看護部 腫瘍放射線科

看護スタッフ:5名

腫瘍放射線科では、“切らずに治す”がんの治療から、痛みなどの苦痛を和らげる緩和治療まで、幅広い目的で放射線治療を行っています。

患者さんが、安全安楽に、安心して治療を受けられるよう、診察室や治療室にも看護師を配置しています。

看護部 腫瘍放射線科

また、がん放射線療法看護認定看護師 1名が在籍し、確かな知識と確実な技術で、専門性の高い医療を提供します。

患者さんの生活に寄り添った治療が受けられますようにお手伝いしますので、お気軽にご相談ください。

看護専門外来

当院では、専門的知識や技術を持った看護師が担当する以下の7つの外来があります。詳細は、下記の項目からご覧いただけます。

がん看護専門外来

看護部 がん看護専門外来

がん関連の認定看護師が、曜日毎に専門分野を立ち上げ、患者さんからの様々なご相談へ対応しています。

フットケア外来

看護部 フットケア外来

神経障害などの合併症がある糖尿病患者さんを対象に、壊疽や切断から足を守っていくことが出来るようにケアしていきます。

リンパ浮腫看護外来

看護部 リンパ浮腫外来

日本医療リンパドレナージ協会セラピスト(上級・中級)、リンパ浮腫療法士の資格を有するスタッフが担当します。

両親向け各種教室

看護部 母親学級
  • 母親学級
  • マタニティフィットネス
  • 母乳外来

LTFU外来(移植後長期フォローアップ外来)

看護部 LTFU外来

造血幹細胞移植を受けられ外来通院をしている患者さんとご家族を対象としています。

関連リンク

診療日

月曜日〜金曜日
新患 | 8:20〜11:30
再来 | 7:45〜11:30

※午後は原則一部診療科と特殊外来のみ

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29〜1/3)

※診療科によっては受付時間の変更または曜日による休診がございます。
詳しくは「外来診療担当医表」をご覧ください。

青森県立中央病院の外観

青森県立中央病院

〒030-8553 青森県青森市東造道2丁目1-1
電話 017-726-8111
FAX. 017-726-8325

県立中央病院への交通アクセス

診療時間 交通アクセス よくある質問 お問い合わせ 電話する