青森県立中央病院

ゲノム検査室

診療スタッフ

室長 北澤 淳一(きたざわ じゅんいち)
【新興感染症対策推進監、医療の質向上統括調整監、中央採血部長、ゲノム医療部長、臨床検査部長、ゲノム検査室長、感染管理室長、新型コロナウイルス感染症対策指導監、輸血・細胞治療部副部長】

  • 卒業年/昭和63年
  • 資格など/臨床遺伝専門医、臨床検査専門医・臨床検査管理医、日本輸血・細胞治療学会認定医・評議員、血液専門医・指導医、小児科専門医、日本小児血液・がん学会評議員、日本感染症学会推薦感染制御医師(ICD)、日本医師会認定産業医、診療情報管理士、日本感染症学会暫定指導医
  • 得意分野/臨床遺伝学、臨床検査医学、輸血学、血液疾患、小児科全般、感染症、診療情報管理

スタッフ構成

  • 臨床医:1名
  • 臨床検査技師:2名(非常勤含む)

検査項目

I.UDPグルクロン酸転移酵素遺伝子多型(UGT1A1)

UGT1A1は、抗がん剤イリノテカンの代謝に関与する代謝酵素です。UGT1A1遺伝子の多型の中の数種類の遺伝子には、抗がん剤イリノテカンの代謝が著明に低下することで骨髄抑制や下痢などの重篤な副作用の発生頻度が高いことが明らかになっています。
イリノテカン投与対象となる患者さんのUGT1A1遺伝子多型を測定し、イリノテカン投与後の副作用発現の危険性を予測します。

II.造血器腫瘍遺伝子検査

造血器腫瘍遺伝子検査とは、骨髄増殖性腫瘍(真性赤血球増多症、本態性血小板血症、原発性骨髄繊維症他)の診断に有用な検査です。JAK2遺伝子、MPL遺伝子、CALR遺伝子の変異有無を同時に確認する検査として、スクリーニングや診断補助に有用です。

III.オンコマインDx Target Test マルチ CDx システム

「オンコマインDx Target Test マルチ CDx システム」は遺伝子パネルを用いた次世代シークエンス技術(NGS)によるコンパニオン診断システム*です。
下表の医薬品の非小細胞肺がん患者さんへの適応判定の補助を目的として、対応する遺伝子変異等を検出します。
*コンパニオン診断:特定の医薬品(分子標的薬)が標的とする異常なたんぱく質は遺伝子変異によって作られるため、がん細胞の中に対応する遺伝子変異があるかどうかを調べる検査。

対象遺伝子変異等 関連する分子標的薬
BRAF V600E変異 ダブラフェニブメシル酸塩及びトラメチニブジメチルスルホキシド付加物の併用投与
EGFR遺伝子変異 ゲフィチニブ、エルロチニブ塩酸塩、アファチニブマレイン酸塩、オシメルチニブメシル酸塩
ALK融合遺伝子 クリゾチニブ、アレクチニブ塩酸塩、ブリグチニブ
ROS1融合遺伝子 クリゾチニブ、エヌトレクチニブ
RET融合遺伝子 セルペルカチニブ

IV.オンコマイン フォーカス アッセイ(準備中)

NOBORI PHR・医療情報共有アプリ
診療日

月曜日〜金曜日
新患 | 8:20〜11:30
再来 | 7:45〜11:30

※午後は原則一部診療科と特殊外来のみ

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29〜1/3)

※診療科によっては受付時間の変更または曜日による休診がございます。
詳しくは「外来診療担当医表」をご覧ください。

青森県立中央病院の外観

青森県立中央病院

〒030-8553 青森県青森市東造道2丁目1-1
電話 017-726-8111
FAX. 017-726-8325

県立中央病院への交通アクセス

診療時間 交通アクセス よくある質問 お問い合わせ 電話する