ここから本文です

地域医療支援部

地域医療支援部の新着情報

このページを印刷する

地域医療支援部とは | 診療スタッフ | 部長から

地域医療支援部とは

県内のへき地等、医師不足が著しい地域における医療の確保は県の重要な課題であることから、これまでも自治医科大卒医師等の派遣を行い、その役割を果たしてきたところです。
 
こうした県立中央病院の役割をより明確化するとともに、地域医療支援の一層の推進を図るため、平成31年2月1日に新たに「地域医療支援部」を設置しました。
 
地域医療支援部では、へき地拠点病院等への地域医療支援を目的に、総合診療分野の医師派遣等に係る企画・調整等を行います。

このページのTOPへ

診療スタッフ

部長 丸山 博行(まるやま ひろゆき)
  • 卒業年/平成8年
  • 卒業大学/自治医科大学
  • 資格など/日本プライマリケア連合学会認定医、日本外科学会認定・外科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本医師会認定産業医
  • 得意分野/へき地医療
副部長 小野 正人(おの まさと) 【医療管理監、臨床工学部長、健康推進室長】
  • 卒業年/昭和53年
  • 卒業大学/京都府立医科大学
  • 資格など/
  • 得意分野/生活習慣病食事運動療法の実践カウンセリング、県域への健康増進事業の伝播・育成、寝たきり予防、脱短命県への具体的事業の実践
副部長 伊藤 勝宣(いとう かつのり) 【総合診療部副部長、集中治療部副部長】
  • 卒業年/平成11年
  • 卒業大学/自治医科大学
  • 資格など/ICLSディレクター、DMAT隊員(統括DMAT)、日本プライマリケア連合学会認定指導医、日本内科学会認定内科医
  • 得意分野/地域医療、内科、プライマリケア

このページのTOPへ

部長から

“先生でいいよと頼りにされる医師“ の育成と
“先生でいいよと頼りにする地域” づくり

 
青森県内には、専門医療を受けることのできない地域(特にへき地)が多く存在し、このような地域では“医師と住民とのある程度の妥協の関係”がより良い地域医療には必要と考えられます。10年以上におよぶ私個人のへき地医療の経験を通して、上記目標の達成のため、以下のような活動が役に立つと考えています。

1.医師以外の地域医療のキーパーソンをみつける

 医師に異動は付き物で、医師がかわっても地域にあった医療の継続が可能になることが考えられます。

2.医師と気軽に語り合える場をつくり顔のみえる関係を目指す

 医師が病院・診療所から地域に出て、住民への健康や病気に関する啓発活動を行うことなどにより、精神的近接性を高めることができます。

3.医師を含む職員にとって魅力ある病院・診療所にする

 職員がいきいきと働いている病院や診療所は、患者さんにとっても魅力ある病院・診療所と考えられ、職員が自分の家族も診てもらいたいと思える病院・診療所が理想です。

4.“お医者さん”を知ってもらう

 徹夜の医師の認知・精神運動作業能力(cognitive psychomotor performance)は、ビール大瓶2本飲酒後のほろ酔い期に相当するとの報告もあり、“医者はスーパーマンではなくただのヒト”であることを知ってもらう啓発活動が必要です。

5.医師が“患者さん、地域”を知る

 地域を知らないとその患者さんにとって“医者の常識は非常識”になることがあり、医師自ら“目の前の医者を信じてもらえるように”努力することが必要と考えられます。

地域医療支援部は、地域では総合診療を行い、県病内では専門医として働く“へき地医療のマインドを持った二足のわらじ医者”の派遣を行うのみではなく、“先生でいいよと頼りにされる医師の育成”を目指します。
さらに“へき地医療のマインドを持った二足のわらじ医者”を受け入れてもらえるような“先生でいいよと頼りにする地域づくり”活動にも力を入れたいと考えています。
 
地域医療支援部が平成31年2月1日に立ち上がり、所属医師は今のところ実質私1人のみです。上記目標の達成に共感でき、働き方も“いつも地域、ときどき県病”でも“ときどき地域、いつも県病”でも“ときどき地域、ときどき県病”でも構いませんので、一緒に青森県の地域医療のために働く医師を募集しています。

このページのTOPへ

 

本文はここまでです