青森県立中央病院

感染管理室

感染管理室

委員会活動として実施されてきた感染管理を、平成23年10月から感染管理室を設置されてその業務を担当するようになりました。

感染管理室には、専従の感染管理認定看護師2名、診療情報管理士1名(医療環境管理士)、専任の医師1名(感染管理医師ICD、診療情報管理士)、薬剤師、臨床検査技師が所属しています。

感染対策委員会と、感染対策チーム(ICT)、抗菌薬適正使用推進チーム(AST)が協働しながら、感染対策強化及び感染管理を実践しています。

感染管理に関する組織

組織図

室長からの挨拶

感染管理室 室長

感染管理室は、院内の感染管理・制御を目的とし、病院長直属組織として平成23年に設置されました。

感染管理室設置は院内感染管理・制御を目的としており、感染対策マニュアルの作成、職員に対する感染対策教育、各種感染症サーベイランスの実施等を行っています。

当院は青森県内唯一の第一種感染症指定医療機関であり、感染症専用病床5床が設置されています。新興・再興感染症の発生に備え、定期的な訓練も行うなど、体制整備に努めています。

地域連携として、青森市内及び近郊の病院と連携して、相互査察、定期的なカンファレンスを行い、情報共有と地域の感染管理・対策を協調してレベルアップしています。

また、青森県感染対策協議会AICON(事務局:弘前大学医学部附属病院感染制御センター)にも参加しています。

感染対策は、医療安全と同様、病院運営の根幹をなす最重要課題の一つです。職員ひとりひとりが感染管理・対策を理解して医療の質を向上するよう、努力を継続していきます。

感染管理室のメンバー

室長 北澤 淳一 臨床検査部部長、ICD、診療情報管理士
室員 網塚 貴介 成育科 部長
三橋 達郎 内分泌内科 医師
長内 克嘉 薬剤師
柴田 絵里子 臨床検査技師
赤平 恵美 感染管理認定看護師
今 めぐみ 感染管理認定看護師
山ノ内 香 診療情報管理士

活動

  1. 感染管理プログラムの立案・運営
  2. 感染症診療支援
  3. 感染管理教育 
    ●職員教育
    ●地域の医療機関、施設の職員教育
  4. 院内ラウンドによる感染対策実施状況の確認
  5. 感染対策に関するマニュアル作成・改訂
  6. 職業感染管理
    ●ウィルス性疾患
    ●結核
    ●針刺し切創・皮膚粘膜汚染
  7. 医療関連感染サーベイランス
    ●デバイス関連・感染症・手指衛生・監視対象菌等のサーベイランス
    ●指定抗菌薬・TDM実施状況・血液培養陽性者のモニタリング
  8. 感染対策・抗菌薬適正使用等に関する
    コンサルテーション
  9. アウトブレイク発生・拡大予防
  10. 社会活動
    地域の医療機関・施設・教育機関等 の感染管理教育、地域連携(青森県感染対策協議会)
感染管理室の活動
診療日

月曜日〜金曜日
新患 | 8:20〜11:30
再来 | 7:45〜11:30

※午後は原則一部診療科と特殊外来のみ

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29〜1/3)

※診療科によっては受付時間の変更または曜日による休診がございます。
詳しくは「外来診療担当医表」をご覧ください。

青森県立中央病院の外観

青森県立中央病院

〒030-8553 青森県青森市東造道2丁目1-1
電話 017-726-8111
FAX. 017-726-8325

県立中央病院への交通アクセス

診療時間 交通アクセス よくある質問 お問い合わせ 電話する