青森県立中央病院

院長あいさつ

ご挨拶

病院長 藤野 安弘

青森県立中央病院長 藤野 安弘

当院の病院運営は4年ごとに策定される経営計画に基づいて行われており、令和元年度からは「県立病院チャレンジ(挑戦)プラン」が進行中で今年度が最終年度となります。
このプラン名には、新たな気持ちで新時代にふさわしい病院の在り方を求めて積極的に挑んでいくという意志が込められています。
本プランの主な課題として、「更なる高度な専門医療の提供」と「地域医療支援・連携強化」を挙げておりますが、前者ではがんゲノム医療の推進、ロボット支援手術の拡大(泌尿器科、婦人科、外科、呼吸器外科で手術施行)、心血管疾患領域におけるTAVI(Transcatheter Aortic Valve Implantation;経カテーテル大動脈弁置換術)開始によるハイブリッド手術室の利用拡大などを中心に進めており、また後者ではPFM(Patient Flow Management;入院患者の入院前からの一貫した支援体制)の概念を取り入れ、これを実践するために院内に「療養支援センター」を立ち上げております。

現在、本センターを中心に入院前から退院後の療養生活まで切れ目のない支援を提供しており、医療機関・在宅医療機関・介護施設を含めた多施設との連携を積極的に進めております。

「地域医療構想」は、2025年における医療需給バランスの確立を目途として取り組まれているものですが、このなかで、当院の役割は「唯一の県立総合病院として、県全域を対象とした急性期医療、高度医療、専門医療、政策医療を担い、今後も全国レベルの高度・専門医療を確保していくこと」となっております。また一方で、本構想には医療圏域内における医療の機能分化促進も含まれており、地域医療支援病院でもある当院には圏域内における基幹病院としての役割も課せられております。県全体の医療提供体制をみながら、所属する圏域の医療体制の整備をすすめていくことが当院には求められており、当院の今後の「あり方」も、時代に即した新しい形での展開が必要になってくるものと思います。いずれにしましても、これらに対応した医療体制を構築するにあたっては当院単独での努力では決して遂行できるものではなく、地域内、さらには県内全体の医療提供体制を把握したうえで、各医療機関のご協力を得ながら進めていきたいと思っております。

当院は第一種感染指定医療機関であり、重症の新型コロナ感染症の患者を受け入れて、人工呼吸器、ECMO( extracorporeal membrane oxygenation;体外式膜型人工肺)等を積極的に使用し救命率の向上を計っています。また、当院は都道府県がん診療連携拠点病院、基幹災害拠点病院(ドクターヘリ運航基地病院)、原子力災害拠点病院に指定されており、平時のみならず緊急時においても県内で指導的立場を担える機能を有していると自負しております。これらすべての業務の遂行のためには現場で働く医療スタッフの協力が必要になります。今般の「働き方改革」の示すところを的確に捉えながら、患者のみならず、医療スタッフが少しでも快適な環境が得られるようなシステムづくりを目指していくつもりです。

今後求められる当院の新しい「あり方」がどのようなものであるのかを推し量りながら、与えられた課題に正確に対応し、皆様のご協力を得ながら皆様とともに進化し、当院の新しい時代を築いていきたいと思っております。
診療日

月曜日〜金曜日
新患 | 8:20〜11:30
再来 | 7:45〜11:30

※午後は原則一部診療科と特殊外来のみ

休診日

土曜日・日曜日・祝日
年末年始(12/29〜1/3)

※診療科によっては受付時間の変更または曜日による休診がございます。
詳しくは「外来診療担当医表」をご覧ください。

青森県立中央病院の外観

青森県立中央病院

〒030-8553 青森県青森市東造道2丁目1-1
電話 017-726-8111
FAX. 017-726-8325

県立中央病院への交通アクセス

診療時間 交通アクセス よくある質問 お問い合わせ 電話する