ここから本文です

緩和ケアセンター

緩和ケアセンターの新着情報

このページを印刷する

センター長紹介 | センターの紹介 | 在宅緩和ケアマップ | がん診療センターの取り組み

センター長紹介

緩和ケアセンター長  高橋 賢一 部長 髙橋 賢一(たかはし けんいち)
【副院長、地域医療情報推進監、外科部長】
卒業年/昭和57年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本乳癌学会
     認定医、日本がん治療認定医、機構がん治療認定医、日本感染症
     学会インフェクションコントロールドクター、マンモグラフィー
     読影医
得意分野/消化器外科

センターの紹介

当院では「都道府県がん診療連携拠点病院」として、平成26年4月1日に緩和ケアセンターを設置しました。当院を利用するすべての患者とその家族に対して、診療時から迅速かつ適切な緩和ケアを提供し、痛みやつらさからの解放に向けて、スタッフ一丸となって取り組んでいます。

  1. 緩和ケアの専門的な知識や技能を有する看護師が、がん看護相談外来を担当し、がんと診断された時から「痛みやつらさ」などを緩和することをめざしています。
  2. 多職種が定期的に集まり検討会を実施、患者さんや家族のケアに活かしています。
  3. 相談支援センターと連携して、緩和ケアに関する相談支援を提供しています。
  4. 在宅で過ごしている患者が安心して療養できるように、緊急緩和ケア病床登録医と連携して、24時間入院を受け入れ可能な体制となっています。
  5. 緩和ケアの質を向上するために、他施設の緩和ケア専門医・薬剤師と緩和治療のテレビ症例検討会を行っています。
  6. 緩和ケアに携わる医療・介護関係者を対象に緩和ケア研修会や症例検討会を開催しています。
  7. 地域の診療従事者と協働して、緩和ケアにおける連携を図っています。

このページのTOPへ

在宅緩和ケアマップ

医療者の方へ

青森県立中央病院緩和ケアセンターでは、がんによる痛みなどの治療を受けながら、患者さんとその家族が、住み慣れた自宅で療養生活が送れるようにするために、地域医療機関のご協力を得てネットワークを構築しました。このマップに掲載された内容は、平成年30年1月1日時点における在宅緩和ケアの提供体制について関係医療機関よりアンケートにご回答いたものです。詳しくは掲載基準をご参照ください。施設利用については直接お問い合わせください。

患者様へ

在宅緩和ケアのご相談をされたい場合は、必ず現在治療をうけている医療機関にご相談くださるようお願いいたします。

 

緩和ケアマップ一覧

※図をクリックすると拡大します。
 

在宅緩和ケアマップ掲載基準

  • 医療機関:有床…入院で看取りを行っている医療機関、無床…基本情報「訪問診療」または「往診(24時間対応)」が「○」の医療機関
  • 訪問歯科:がんの症状緩和に一つでも該当項目がある歯科
  • 調剤薬局:麻薬小売業者の免許があり、かつ在宅患者訪問薬剤管理指導を実施している薬局
  • 訪問看護ステーション:基本情報の「訪問看護」、がんの症状緩和の「がん疼痛対応」の2項目とも「○」の訪問看護ステーション
  • 訪問リハビリテーション:がんで療養している患者への訪問リハビリテーションの実施経験「有」の施設
  • 有料老人ホーム:協力医療機関の確認がとれること(センターで確認)、利用者が安心して療養を支援している体制(訪問診療医、訪問看護ST等と連携し看取りまで見ることができる施設)

お問い合わせ

がん診療センター企画室 緩和ケアセンター 小田桐
FAX:017-752-9088  電話:017-726-8344

このページのTOPへ

本文はここまでです