ここから本文です

里帰り分娩を希望される方へ

里帰り分娩の予約は、必ず産婦人科外来へ電話でご予約ください。

平日の月曜〜金曜日、午後2時〜午後4時30分
TEL:017-726-8220(直通)
*お産を予定されている方が、ご自身で電話をおかけください


  • 電話で里帰り分娩を予約された方は妊娠34週までに診療情報提供書(紹介状)を持って
    受診してください。
  • 多胎(ふたご、みつご)妊娠の方は妊娠28週までに受診してください。
  • 里帰りされる直前に、再度お電話をいただく場合があります。

※里帰り分娩で、夫立会い分娩希望の方は、里帰り初診が済んだ後に両親学級を受講していただきます。

里帰り初診時に持参していただくもの

1.里帰り前まで受診していた病院・医院からの診療情報提供書(紹介状)
2.里帰り前までに検査をした採血やがん検診等の検査結果のコピー。手書きでの転記ではなく、

必ず検査伝票のコピー等を同封していただくようにしてください。

3.内科的な合併症で内服薬等がある場合は、その科から当院該当科への診療情報提供書(紹介状)
4.母子健康手帳
5.保険証
6.あれば妊娠初期の超音波検査写真。
7.母子健康診査受診票(ただし自治体によっては当院で使用できない場合もありますので、

受診前に交付を受けた自治体にご確認ください)

8.産科医療補償制度登録証を里帰り前の施設で登録した場合は、その写し
9.以前に帝王切開や子宮の手術を当院以外で受けている方は、その施設から渡された、手術の内容を

記載された記録物



ご不明な点は電話予約の時点でご相談ください。

診療について

  • 当院は、合併症などのリスクの高い妊娠をしている方を各地域から受け入れる県内唯一の総合周産期母子医療センターですが、合併症などのリスクのない分娩も行っています。
  • 当院の産科医師の診療は、グループ診療体制になっております。また、分娩時などは外来通院中の担当医と異なる場合があります。
  • 当院は、産科医師や助産看護を目指す学生が研修できる教育施設です。そのため妊婦健診や入院中の診察、分娩・手術に際し、患者様にご理解いただいた上で医学生と看護学生の実習が行なわれています。また、当院は臨床研修指定病院ですので、研修医が診療に携わります。


4階南病棟看護スタッフより

分娩予約をされる方へ

このページを印刷する
本文はここまでです