ここから本文です

臨床検査部ホームページ

生化学・免疫検査部門

臨床検査部ホームページメニュー

アイコンをクリックすると、それぞれのページへリンクします。


  1. 一般

  2. 血液

  3. 輸血

  4. 生化学

  5. 細菌

  6. 生理

  7. 基準値一覧

  8. ホームへ

 

生化学・免疫検査

1.検査の流れ

検査目的別の採決管・遠心分離・分離後の採決管・血清を分注・分析

2.生化学検査

生化学検査は血液や尿などに含まれているタンパクや酵素、脂質類やミネラルなどの化学物質を測定します。これら化学物質は健康状態の目安として、病気の診断はもちろん、治療効果や予後の判定に重要な意味を持っています。当院では最新鋭の自動分析装置を導入し、精度の高い検査結果を迅速に報告しています。また、夜間・休日の緊急時にも検査を実施し、診断のための検査情報を臨床医に報告できるようにしています。

血液や尿には、身体の重要な情報がたくさん入っているんだよ。

主な検査内容

肝機能検査

肝機能検査

一般的に肝機能検査と呼ばれるのは肝臓と関係のある検査の総称で、機能障害の程度を示すものや、病態を反映するものもあります。 AST、ALT、γGTP、総ビリルビン、アルブミンなどの検査があります。

腎機能検査

腎機能検査

生体内で生成された老廃物の処理、および水、電解質、PHや浸透圧の調整に大きな役割を果たしている腎臓の検査です。 クレアチニン、BUN(尿素窒素)、電解質などの検査があります。

脂質検査

脂質検査

高脂血症の診断基準となる検査です。 総コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪などの検査があります。

糖尿病関連検査

糖尿病関連検査

糖尿病の診断やコントロール指標となる検査です。 血糖、グリコヘモグロビンA1c、グリコアルブミン、尿中アルブミン、などの検査があります。

最新鋭の機器と自動搬送およびコンピューターシステムにより、短時間に検査結果を報告することが可能となっています。

 

3.免疫検査

免疫・血清検査では、B型・C型肝炎ウイルスを始めとする肝炎ウイルス検査や甲状腺ホルモン・膵ホルモンなどの内分泌検査、CEA・AFP・CA19-9などの各種腫瘍マーカーを測定しています。検査結果の変化を判断し、臨床側にフィードバックする体制をとっています

主な検査内容

肝炎ウイルス検査

肝炎・肝硬変・肝がんなど肝臓病の80%以上が、肝炎ウイルスの感染によるものです。血液中のウイルス抗原・抗体を調べることで、病気の状態や治療の方針を把握することができます。 HBs抗原、HBs抗体、HCV抗体、HIV抗体など

内分泌検査

内分泌検査

内分泌系には膵ホルモン、甲状腺ホルモンなどがあります。これらのホルモンバランスが崩れることで様々な病気になります。内分泌検査をすることで、内分泌機能の状態を知ることができます。 TSH、FT3、FT4、インスリンなど

腫瘍マーカー

腫瘍マーカー

腫瘍マーカーとは、癌細胞が作り出す特殊なタンパク・酵素・ホルモンなどの物質のことで、癌を見つけるためのスクリーニング゙や治療効果の判定として利用されます。 CEA、AFP、CA19-9、CA15-3、CA125、PSAなど

左の免疫化学発光法の自動分析装置を使って、表にある様々な検査を分析しています。約40分で検査結果を知ることができるよ。

このページを印刷する
本文はここまでです