ここから本文です

消化器内科

消化器内科の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ | 診療内容 | 得意分野 | 部長から

診療スタッフ

部長 棟方 正樹(むなかた まさき)(消化管)【医療管理監、がん診療センター長】
  • 卒業年/昭和63年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本消化器病学会指導医、日本消化器内視鏡学会指導医、日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医、日本がん治療暫定教育医、日本内科学会認定内科医
  • 得意分野/消化器病学、臨床腫瘍学
部長 沼尾 宏(ぬまお ひろし)(肝胆膵)
  • 卒業年/昭和63年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本肝臓学会認定肝臓専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本医師会認定産業医、死体解剖資格認定医、ヨーロッパ肝臓学会会員、アメリカ肝臓学会会員
  • 得意分野/肝臓病学(肝がん治療、重症・劇症肝炎治療など)
部長 金澤 浩介(かなざわ こうすけ)
  • 卒業年/平成5年
  • 卒業大学/山形大学
  • 資格など/日本内科学会認定医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
  • 得意分野/消化器病学
副部長 花畑 憲洋(はなばた のりひろ)【内視鏡部部長代行】
  • 卒業年/平成10年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医・指導医・学会評議員、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・学術評議員、日本消化管学会胃腸科専門医・指導医、日本カプセル内視鏡学会暫定指導医
  • 得意分野/消化器病学、消化器内視鏡診断・治療
副部長 島谷 孝司(しまや こうじ)
  • 卒業年/平成14年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本内科学会総合内科専門医、日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
  • 得意分野/消化器病学
副部長 荒木 康光(あらき やすみつ)
  • 卒業年/平成17年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/認定内科医、消化器内視鏡専門医、消化器病専門医
  • 得意分野/消化器病学
医師 須藤 信哉(すとう しんや)
  • 卒業年/平成28年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/
  • 得意分野/消化器病学
医師 星 健太郎(ほし けんたろう)
  • 卒業年/平成28年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/
  • 得意分野/消化器病学
医療顧問 斎藤 博(さいとう ひろし)
  • 卒業年/昭和53年
  • 卒業大学/群馬大学
  • 資格など/
  • 得意分野/ 

このページのTOPへ

診療内容

  1. 消化器疾患一般:逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、急性・慢性膵炎、感染性腸炎、過敏性腸症候群、薬物性腸炎、虚血性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、腸閉塞、急性・慢性肝炎(B型、C型肝炎)、肝硬変、重症・劇症肝炎、肝膿瘍、胆石症、急性胆嚢炎、急性・慢性膵炎など。
  2. 悪性腫瘍に対する化学療法:食道がん、胃がん、大腸がん、直腸がん、肝がん、膵がん、胆管がんなどの消化器がんなど。
  3. 消化器疾患に関する内視鏡検査、内視鏡治療
    消化器がんの内視鏡治療、胆石などの胆道疾患や膵疾患に対する内視鏡治療、食道静脈瘤の内視鏡的硬化療法など
  4. 炎症性腸疾患の診断と治療

このページのTOPへ

得意分野

消化器一般診療はもちろんのこと、外来では胃・十二指腸潰瘍に対する二次除菌も含めたヘリコバクター・ピロリ菌の除菌療法、最近頻度の多い過敏性腸症候群や酸関連疾患の治療を行っています。炎症性腸疾患である潰瘍性大腸炎(UC)やクローン病(CD)の内科的治療、特に適応症例では血球除去療法(LCAP、GCAP)や生物的製剤である抗TNF-α抗体による治療を積極的に導入しています。さらに、手術適応症例も外科との良好な連携のもとスムーズに行われています。
 
緊急内視鏡は24時間体制とし、消化管出血に対してエタノール局注法、アルゴンプラズマ凝固法(APC)、クリップ法などによる止血術を施行しています。胆膵疾患による閉塞性黄疸に対しては内視鏡的胆管ドレナージによる減黄や総胆管結石に対する内視鏡的乳頭切開術かバルーン拡張術による結石除去を行っています。小腸内視鏡、カプセル内視鏡の登場により、これまで暗黒大陸と言われてきた小腸の観察が可能となり、小腸疾患の診断および小腸出血の治療、CDの小腸狭窄に対する拡張術などが可能となりました。当科では最新の小腸内視鏡、カプセル内視鏡を購入し、積極的に小腸出血、小腸疾患の診断・治療に活用しています。
 
大腸ポリープ・早期大腸癌および早期胃癌に対する内視鏡的治療も積極的に行い、内視鏡的粘膜切除術(EMR)の他、最近では大きな病巣を取り除く内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の施行数も大変増えてきています。更に、平成26年度からは内視鏡治療のスペシャリストも勤務し、早期食道癌も含めたESD治療に積極的にあたっており、青森市外からの患者さんも大変増えています。
 
消化器がんの化学療法は新規抗がん剤の開発や支持療法の発達により、外来化学療法が主体となっています。当院は都道府県がん診療連携拠点病院であり、青森県全体のがん医療の底上げにあたっています。中でも食道がん、胃がん、大腸がん、膵がん、胆道がんなど多くの患者さんが県内各地から受診しております。標準治療はもちろんのこと、最新の分子標的薬の他、話題の免疫チェックポイント阻害薬もチーム医療により安全に行っています。症例によっては全身化学療法に加え、肝動脈注入療法や放射線療法、手術を併用した集学的医療に心がけています。
 
C型肝炎は治療法の進歩により、経口薬のみで治癒可能な疾患になりました。B型肝炎も抗ウイルス薬で十分コントロールが可能になっています。原則的に肝炎ウイルスが陽性の方は治療を前提とした精査が必要ですので、キャリアと判明した際は是非ご紹介下さい。肝がんに対して当院では当科、放射線部、外科、腫瘍放射線科が協同し、肝切除、ラジオ波焼灼術、肝動脈塞栓術、肝動注療法、放射線照射などによる集学的治療を行っております。また、自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変など自己免疫性肝疾患にも力を入れております。以上のように、当科では青森県の中核病院として標準治療や先端医療を最新のツールを利用して積極的に提供しています。

このページのTOPへ

部長から

当院は青森県の中核病院として、県内各地から多数の紹介患者さんが受診します。消化管出血、閉塞性黄疸や胆道感染、急性膵炎などの緊急症例も多数みられ、緊急内視鏡による止血や減黄術を施行しています。時間外の症例も多数みられ、当科医師および各スタッフの忙しさは大変なものであります。このような中でも、医師・スタッフ間の連携を密にとり、各役割を明確にして診断・治療にあたっています。このような症例では、急性期を過ぎ安定し、外来通院となった場合には、近医や紹介先の病院に連携を通じ、その後の診療をお願いすることがあると思います。
 

特に、最近ではがん患者さんの紹介が大変増えてきています。食道、胃、大腸などの早期がんに対するESDによる内視鏡治療や抗がん剤治療を受ける患者さんです。内視鏡治療に関してはそのスペシャリストが専任におこなっており、多くの難易度の高い症例も治療しています。抗がん剤治療に関しては東北でもトップクラスの数の患者さんの治療を行っています。外来での治療(外来化学療法)が中心であり、医師だけでなく、専任薬剤師、看護師等がチームを組んで(チーム医療)、安全で効率的に治療しています。特に当院は都道府県がん診療連携拠点病院として、intensive chemotherapyを積極的に行う患者さんを中心に診療を行わざるを得ない状況にあります。

 
当科では疾患の早期から緩和ケアを行い、緩和ケア中心となった場合も緩和医療科と連携しサポートできるようにシームレスな緩和ケアに努めています。緩和ケアが主体となる患者さんの場合には病診連携などでいろいろ調整をお願いする事があると思います。その節は何卒ご理解の程お願い致します。
 

青森市民、さらに青森県民全体の健康を第一に考え、患者さんと同じ目線で接して挙げられるような医師を目指し、今後とも精進し青森県の医療を支えていきたいと思います。

(文責M.M)

このページのTOPへ

本文はここまでです