ここから本文です

外科

外科の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ

部長 髙橋 賢一(たかはし けんいち)【医療管理監、地域医療情報推進監、緩和ケアセンター長】
卒業年/昭和57年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本乳癌学会認定医、日本がん治療認定医
     機構がん治療認定医、日本感染症学会インフェクションコントロールドクター、
     マンモグラフィー読影医
得意分野/消化器外科
部長 村田 暁彦(むらた あきひこ)【がん診療センター統括部長(腫瘍外科)】
卒業年/平成2年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、

日本大腸肛門病学会専門医、がん治療認定医、難病指定医、ストーマ認定士

得意分野/消化器外科手術、腹腔鏡下手術

部長 西川 晋右(にしかわ しんすけ)【医療連携部長】
卒業年/平成5年 
卒業大学/岩手医科大学
資格など/日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、

日本消化器外科学会がん治療認定医、精神腫瘍学基本教育都道府県指導医、

マンモグラフィー読影医、日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会評議員

得意分野/消化器外科、大腸外科、骨盤外科

肝胆膵外科部長 梅原 豊(うめはら ゆたか)
卒業年/平成6年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医、
     日本肝胆膵外科学会評議員、肝胆膵外科高度技能指導医
得意分野/消化器外科、肝胆膵外科
乳腺外科部長 橋本 直樹(はしもと なおき)
卒業年/平成9年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医・指導医、日本乳癌学会認定医・専門医、日本消化器外科学会専門医・
     指導医、消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医、マンモグラフィー読影医
得意分野/乳腺外科
副部長 梅原 実(うめはら みのる)
卒業年/平成11年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、消化器がん外科治癒認定医、
     日本肝臓学会肝臓専門医、日本移植学会移植認定医
得意分野/消化器外科、肝胆膵外科
副部長 加藤 雅志(かとう まさし)
卒業年/平成11年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医・認定医、マンモグラフィー読影認定医師
得意分野/消化器外科
副部長 石澤 義也(いしざわ よしや)【救急部副部長】
卒業年/平成12年 
卒業大学/愛知医科大学
資格など/日本外科学会専門医、弘前大学医学部臨床准教授
     (JPTEC、JATEC、ACLS、BDLS、プロバイダー)、統括DMAT、DMAT隊員、医学博士、
     日本航空医療学会認定指導者
得意分野/一般外科、消化器外科
副部長 木村 昭利(きむら あきとし)
卒業年/平成14年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、消化器がん外科治療認定医、
     日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本食道学会食道科認定医
得意分野/消化器外科、食道・胃外科
副部長 大橋 大成(おおはし もとなり)
卒業年/平成15年 
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医、検診マンモグラフィー読影認定医
得意分野/消化器外科
副部長 堤 伸二(つつみ しんじ)
卒業年/平成17年  
卒業大学/弘前大学
資格など/日本外科学会専門医、検診マンモグラフィ読影認定医、

日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会専門医、
消化器がん外科治療認定医

得意分野/消化器外科

医師 岡野 健介(おかの けんすけ)
卒業年/平成20年 
卒業大学/弘前大学
資格など/
得意分野/消化器・乳腺外科学

診療内容

  • 消化器外科:胃・大腸・肝胆膵の悪性腫瘍の手術・炎症性腸疾患
  • 乳腺外科:乳がんの診断と手術
  • 腹部救急外科:腹膜炎・腸閉塞・腹部外傷

得意分野

  • 胃がん
  • 直腸がんの機能温存手術
  • 乳がんの乳房温存手術

部長から

当科では、がん診療センター化による臓器疾患別グループ性の導入(上部消化管グループ、下部消化管グループ、肝胆膵疾患グループ、乳がんグループ)により、手術件数は大幅に増加し、平成27年度の全身麻酔手術件数は791例(悪性疾患、良性疾患を含む)でした。

このうち、がんの手術では大腸がん242例(直腸癌100例、結腸癌など142例)、胃がん103例、乳がん200例が主なものでした。

当科の大腸がん手術では、従来の開腹手術に加えて、手術の低侵襲化(切開創の縮小と術後疼痛の軽減)を目的に用手腹腔鏡補助下手術(Hand assisted laparoscopic surgery:HALS)を症例に応じて行っています。

通常の腹腔鏡下手術(完全腹腔鏡下手術)は、腹腔鏡で映し出されるモニター映像をみながら、体外から挿入した数本の鉗子で切除操作を行い、最終的には3〜5cmの小切開創から切除臓器を摘出します。

創が小さいため術後疼痛が少なく整容性に優れる、術後の回復が早いなど多くの利点を持った術式ですが、モニターの2次元映像を見ながら鉗子のみで行う操作は触覚がないため、手術時間が長くなる、技術を習得するのに時間がかかる、などの問題が挙げられています。

HALSは腹部に約6cmの切開を置き、この切開創から片手(主に左手)を創入し、腹腔鏡によるモニター映像を見ながら鉗子と『挿入した手』を使用して手術を行う腹腔鏡手術です。

切除臓器はこの小切開創から摘出するため、切開創は完全腹腔鏡よりも1〜2cm大きくなりますが、従来の開腹手術の約1/3の切開で手術が可能で、完全腹腔鏡下手術と同様に術後疼痛の軽減を図ることができます。

切除範囲は開腹手術、完全腹腔鏡手術、HALSいずれも相違ありませんが、HALSでは、開腹手術で培った術者の『手の感覚』が使用できるため、完全腹腔鏡下手術よりも短時間で確実な操作が可能になることが最も大きな特徴です。

また通常の開腹手術にも部分的に腹腔鏡操作(HALS)を組み入れることで、手術創を縮小し術後疼痛の軽減にも取り組んでいます。

また、当科の直腸癌手術では、永久的ストーマを可能な限り回避することを目的とした肛門温存手術や、排尿障害、性機能障害などの術後機能障害の低減を目的とした自律神経温存手術に以前から積極的に取り組んでいます。

今年度も、各グループともにより高度で専門的な治療を提供すべく、スタッフ一同がんばっていきますので、よろしくお願いいたします。
 

患者さんへ

NCD外科手術・治療情報データベース事業に参加しています

本文はここまでです