ここから本文です

NCD事業に参加しています

NCD外科手術・治療情報データベース事業に参加しています

NCD(一般社団法人 National Clinical Database)とは、患者さんにより良い医療を提供するために、多くの臨床学会が連携して、わが国の医療の現状を把握するために設立された一般社団法人です。

当事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質向上に役立てることを目指しています。全国の医療施設診療科の情報を収集することで、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な外科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の、死亡・合併症の危険性などを明らかにすることができます。

当院ではこの事業に参加しており、外科系各診療科の手術を受けられた方の診療情報を当事業に提出させていただいております。当然のことながら、個人情報保護法に基づき、個人情報が院外で特定されることはございませんので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1.登録対象となる患者さん

青森県立中央病院の外科、呼吸器外科、心臓血管外科において手術を受けられた全ての患者さんが登録対象となります。ただし、本事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、登録を拒否することができます。

2.登録される情報の内容

登録される情報は日常の診療で行われている検査や治療の契機となった診断・手術等の各種治療やその方法等となります。具体的には、「氏名」「住所」「電話番号」等の個人を特定可能な情報が登録されることはありません。

3.登録される情報の使われ方

登録される情報は参加施設の治療成績向上ならびに患者さんの健康の向上に役立てるために、参加施設ならびに各種臨床領域にフィードバックされます。この際に用いられる情報は集計・分析後の統計情報であり、患者さん個人を特定可能な形でNCDがデータを公表することはありません。

4.登録に関するお問い合わせ

当事業の詳細については、NCDのホームページhttp://www.ncd.or.jp/に掲載されていますので、ご参照いただくとともに、ご不明な点がございましたら主治医にご相談ください。なお、この場合は、当院医療情報部のデータ管理責任者が主治医とともに責任をもって対応いたします。

このページを印刷する
本文はここまでです