ここから本文です

キャンサーボード講演会

当院では、がん医療に関わる職員の医学・医療知識等の向上のため、キャンサーボード講演会を
開催しております。

キャンサーボード講演会は、当院職員及び広く県内医療関係者も対象としております。

平成30年度キャンサーボード講演会

(県立中央病院)平成30年4月25日現在

回次(開催日) 講師 テーマ 参加人数
第1回
4月19日(金)
司会
消化器内科部長
棟方 正樹 先生
 
症例提示
つがる市民診療所
内科
五十嵐 昌平 先生
「免疫チェックポイント阻害薬の副作用マネジメント」 院内 38名
院外 5名
青森県立中央病院
消化器内科部長
棟方正樹(むなかた まさき)先生
1.免疫関連有害事象(irAE)について
青森県立中央病院
脳神経内科副部長
村上 千恵子(むらかみ ちえこ)先生
2.症例:ニボルマブによる筋炎 神経障害・筋障害について
青森県立中央病院
内分泌内科部長
松井 淳(まつい じゅん) 先生
3.症例:ニボルマブによる副腎不全 内分泌系の副作用
つがる市民診療所 内科
五十嵐 昌平
(いがらし しょうへい) 先生
4.症例:ニボルマブによる大腸炎 消化器系の副作用
青森県立中央病院
認定看護師
高田 美香(たかだ みか)
5.免疫関連有害事象(irAE)について -看護師の立場から-


キャンサーボード講演会過去の実績

平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度 平成25年度
平成24年度 平成23年度 平成22年度 平成21年度
このページを印刷する
本文はここまでです