ここから本文です

看護部 教育制度

医療の高度化・専門化が進展している中、当院ではそれに対応し、専門的な知識・技術を高めるために、看護継続教育が活発に行われています。

新採用者に対しては、プリセプター制を導入し個々の資質や特性を伸ばせるよう、きめ細やかに指導するとともに、主体的かつ段階的にステップアップできるよう支援しています。

看護部 キャリア開発図

教育目標

  1. 青森県立中央病院の機能に対応する専門性の高い看護師を育成する。
  2. 安全・安心な医療を提供するため、責任のある看護実践のできる人材を育成する。
  3. 倫理的判断のもとに行動し、患者さんを擁護・尊重する看護師を育成する。
  4. 地域社会の保健・医療・福祉チームと協働し、患者さんの社会での自律を支援することのできる看護師を育成する。
  5. 個々の看護職員の学習ニーズと目標を尊重し、必要な学習の機会を提供することで主体的にキャリア開発できる看護師を育成する。
  6. 経営意識を持ち、効率的で健全な看護実践活動ができる看護師を育成する。

めざす看護師像

  1. 高度・特殊医療や政策医療を行うチームの一員として、専門性が高く、安全で安心な看護が提供できる看護師
  2. 倫理観と豊かな人間性を持ち、患者さんを擁護・尊重できる看護師
  3. 保健・医療・福祉と協働し、患者さんを生活者として捉え、看護を提供できる看護師
  4. 看護の質向上のために、自律性をもって自己の能力開発に取り組むことができる看護師
  5. 経営意識を持ち、効率的で健全な看護実践活動ができる看護師

青森県立中央病院におけるキャリア開発

医療を取り巻く情勢は大きく変化し、質の高い効率的な医療が求められています。

当病院も県内の基幹病院としての果たす役割は大きく、病診・病々連携を図りながら地域医療の向上を目指し、高度な専門医療を提供し県民の医療ニーズに応えていかなければなりません。

看護も高度化・専門化・複雑化し、患者が満足する看護を提供するためには、優れた知識と技術が必要であります。

そのために専門性を発揮できるような看護教育プログラムを構築し、看護師個々の能力を開発するものです。

キャリア開発とは

個々の看護職員が組織の目標を基に、自己の役割を遂行するために、組織の支援を受けながら臨床看護実践能力の向上をめざし主体的に取り組むことである

概念図

看護部のあたたかな太陽にいつも見守られながら、院内外の研修で水と栄養を与え支援します。

そして、3つの能力から成る看護実践能力の幹が育ち、1人1人の看護師が笑顔の実を結ぶことを目指しております。

概念図

臨床看護実践能力指標

臨床看護実践能力指標については臨床看護実践能力指標【PDF 24KB】をご覧ください。

NURSING SKILLS

このページを印刷する
本文はここまでです