ここから本文です

在宅がん患者への口腔ケアマニュアル

在宅がん患者への口腔ケアマニュアルについて

現在のがん治療において、歯科医療従事者が提供する口腔ケアや歯科治療が、より質の高いがん治療を提供するために重要な支持療法であることから、医科歯科連携が推進されてきました。
 
青森県立中央病院緩和ケアセンターでも、2014年より「在宅がん患者の口腔ケア推進」に取り組んでまいりましたが、このマニュアルは、その1つである、在宅に係る医療従事者への口腔ケアレクチャー参加者の要望から生み出されたものです。
 
がん終末期患者の口腔トラブルは、発症すると口腔内の問題に留まらず身体的、精神的、社会的苦痛を増強させ、QOLを大きく低下させることにつながります。
 
療養場所が変わっても、在宅がん患者への口腔ケアマニュアルを活用により、口腔内への気付きの目を得て歯科医療者と連携した適切な口腔ケアにより、最期まで快適な口腔衛生状態を保ち、切れ目のない緩和ケアの提供を目指しましょう。
 

お問い合わせ

青森県立中央病院 緩和ケアセンター 電話:726-8111(代)内線8568

このページを印刷する
本文はここまでです