ここから本文です

臨床検査部ホームページ

輸血検査部門
 
輸血検査室では以下の業務を行っています。

  1. 輸血関連業務
    輸血用血液製剤(照射赤血球液、新鮮凍結血漿、照射濃厚血小板など)およびアルブミン製剤の
    発注、供給、在庫管理を行っています。
  2. 輸血関連検査
    血液型検査(ABO・RhDなど)や、輸血副作用の原因となる不規則抗体のスクリーニングと同定検査、
    患者さんと適合した輸血用血液製剤を準備するための交差適合試験などを行っています。
  3. 自己血関連業務
    自己血外来で採取した自己血(貯血式自己血)の保管、管理を行っています。
  4. 細胞治療業務
    造血幹細胞の調整、凍結保存、管理を行っています。

血液製剤

  • 照射赤血球液:組織や臓器へ十分な酸素を供給するために使用します。
  • 新鮮凍結血漿:凝固因子の補充(出欠予防、止血促進)のために使用します。
  • 照射濃厚血小板:血小板減少による出血の防止、出血に対する止血のために使用します。
  • 高張アルブミン製剤:血漿膠質浸透圧を上昇させ、血管外の水分を血管内に戻すために使用します。
  • 等張アルブミン製剤:循環血漿量を確保するために使用します。

輸血副作用

重篤な副作用があった場合は調査をします。

輸血検査装置

ORTHOVISIONという全自動輸血検査装置を用いて血液型検査、不規則抗体検査、交差適合試験を行っています。

細胞治療業務

患者さんやドナーから採取した末梢血幹細胞をクリーンベンチ内で調整します。
調整後は-80℃の超低温フリーザーで凍結保存し、移植の日まで保管します。
 

このページを印刷する
本文はここまでです