ここから本文です

臨床研修歯科医師

プログラムの目的と特徴 | 研修方法 | プログラム等の詳細 | 概要 | 問い合わせ先

プログラムの目的と特徴

  • 目的…歯科医師の卒後臨床研修を通じて、歯科技術の習得、研鑽を積み、さらには患者に信頼される歯科医師を目指します。
  • 特徴…公立総合病院の特徴を生かし、一般歯科治療のみならず、口腔外科入院患者の治療、身障者・有病者の歯科治療、さらに救命救急センターを経由する救急患者治療、麻酔科での全身麻酔研修など、多方面においての歯科臨床研修が可能です。
  • 研修コース
  • 1年次 初期研修(一般歯科・口腔外科の基本的研修)
    2年次 後期研修(全身管理の研修を主とした口腔外科治療、麻酔科研修)

このページのTOPへ

研修方法

1.基本方針

  • 臨床研修歯科医師は当院の日常診療業務において、漸進的な責任を課され、勤務を通じて学習し、研鑽します。また、臨床研修協力施設において地域歯科保健活動、訪問歯科治療、小児の歯科治療について、研修します。
    歯科口腔外科及び院内の各種勉強会等に参加して学習します。

2.教育に関する院内行事

  • 抄読会(週1回)、症例報告会(年2回)、外来手術カンファレンス(週1回)、入院患者カンファレンス(週1回)

3.評価と記録

 ①個別的目標への到着度合いを臨床研修歯科医師及び指導歯科医師が評価します。
 ②研修症例のうち2症例の詳細な症例報告書を作成し、発表します。
 ③研修報告書を作成します。
 ④手術記録を作成します。

プログラム修了の認定 研修管理委員会で認定し、修了証を交付します。

このページのTOPへ

プログラム等の詳細

概要

  1. 開設者 青森県知事
  2. 管理者 吉田 茂昭
  3. 病院長 藤野 安弘
  4. 住所 〒030-8553 青森県青森市東造道2丁目1番1号
  5. 組織図
  6. 医師数(平成30年4月1日現在)
  7.  医師:176人(うち、初期研修医33人、シニアレジデント6人)

     うち歯科医:4人(うち、歯科臨床研修医1人)

  8. 病床数等
  9. ◇病床数684床(一般678床(うち、歯科口腔外科4床)、感染5床)

    ◇1日平均入院患者数(平成29年度)573.7人(うち、歯科口腔外科1.3人)

    ◇病床利用率(平成29年度)84.0%(うち、歯科口腔外科32.7%)

    ◇1日平均外来患者数(平成29年度)1,283.8人(歯科口腔外科60.9人)

    ◇1日平均救命救急受診患者数(平成29年度)38.4人

  10. 主な設備
    PET-CT、ダヴィンチSiサージカルシステム、MRI装置、CT装置、ライナックシステム、アフターローディングシステム、心カテ装置、血管連続撮影装置、マンモグラフィー、シンチレーションカメラ、色素レーザー、人工心肺装置、脳外科手術顕微鏡装置、脳外科手術用ナビゲーションシステム、デジタルラジオグラフィー、脳脊髄誘発電位検査装置、電子顕微鏡、光線力学療法用半導体レーザー、高気圧酸素装置、無菌室、人工透析室、LDR室 等

このページのTOPへ

問い合わせ先

〒030-8553 青森市東造道2丁目1番1号

青森県立中央病院 総務課 臨床研修担当

電話:017-726-8315

E-mail:kenbyo@pref.aomori.lg.jp

このページのTOPへ

このページを印刷する
本文はここまでです