ここから本文です

初期臨床研修医【ジュニアレジデント】

プログラムの特色 | 研修コース | ポイント | 研修後の処遇 | 新専門医制度 | 研修プログラム | 問い合わせ先

プログラムの特色

  • 青森県の中核病院であるため、あらゆる症例が集まり、幅広い経験ができます。
  • 選択科目が豊富であり、個々の希望に合った診療科で充実した研修ができます。
  • 必修科目の内科は24週です。
  • 救急部門の研修12週は、救命救急センターでの研修を4週行い、残り8週については月3~4回程度の宿日直での対応となります。
  • 外科8週(うち4週は外科、残りの4週は外科、脳神経外科、整形外科、耳鼻咽喉科・頭頚部外科、心臓血管外科、呼吸器外科、泌尿器科、産婦人科、皮膚科、形成・再建外科、眼科から選択)、小児科4週、産婦人科4週、精神科4週を必修としています。
  • その他に当院の特徴として、麻酔科を8週の必修とし、全身管理や挿管等、各科においても有用な知識及び技術の習得を図ります。
  • 地域医療研修は4週で、病院間の連携を重視した値域におけるプライマリ・ケア研修を予定しています。
  • 選択科目については8週以内で研修協力病院での研修を選択することも可能です。

研修コース

<1年次>(※4月の最初の2週間はオリエンテーションの予定)

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
内科(必修) 救急部門(必修) 外科(必修) 小児科(必修) 麻酔科(必修)

<2年次>

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
産婦人科(必修) 精神科(必修) 地域医療(必修) 選択科目(将来専門としたい診療科)
  • 選択科目:全診療科目の中から選択して組み合わせを自由にできますが、受け入れ科などの状況を考慮して研修管理委員会で調整します。(但し、研修目標の項目が未達成の場合にはその補完のために利用します。)
  • 上記の1年目および2年目のローテート順(選択科目の時期も含めて)は研修医によってそれぞれ異なり、研修管理委員会で適宜調整します。1年目は内科からスタートとしていますが、他科からのスタートも有り得ます。

このページのTOPへ

ここがポイント!

  • 県内唯一の総合周産期母子医療センター(産科・新生児科・成育科)での研修ができます。
  • 平成23年度から新救命救急センター稼働とドクターヘリ運航開始により、救急部門の機能がますます充実しています。救急部門の研修を充実させるため、救急患者と同様な循環の生体反応を再現する高機能救急ケアシミュレータ(ECS)を導入しています。
  • 後期研修医からも直接指導・助言を受けることができます。
  • CPCを含む院内症例検討会、研修医による勉強会、各種カンファレンス、各種フィルム検討会、年2回の研修医による症例報告会、病院集談会、多地点合同メディカルカンファレンス等、研修教育関連の開催行事が活発です。
  • 研修医専用の部屋には各自の机・本棚のほか、医療情報システムの端末、定期購読雑誌、コピー機、個別のレターボックス、男女別の仮眠室やシャワー室等があり、気軽に研修医同士の意見交換や情報収集ができます。
  • 単身者用の宿舎は平成24年1月にリニューアルしました。新規入居者については1年目研修医を優先します。

独身寮

研修修了後の処遇

  • 研修修了後に引き続き当院において勤務を希望する場合は、各診療科の人員の配置状況を勘案したうえで正職員として採用します。

このページのTOPへ

新専門医制度

  • 平成30年度より開始された新専門医制度において、当院は内科(定員7名)、総合診療(定員6名)、産婦人科(定員2名)、麻酔科(定員1名)の基幹施設となっています。研修終了後に、当院専攻医として研修を希望する場合は、正職員として採用します。

研修プログラム

このページのTOPへ

問い合わせ先

〒030-8553 青森市東造道2丁目1番1号

青森県立中央病院 総務課 臨床研修担当

電話:017-726-8315

E-mail kenbyo@pref.aomori.lg.jp

このページのTOPへ

このページを印刷する
本文はここまでです