ここから本文です

糖尿病センター

糖尿病センターの新着情報

このページを印刷する

センター長紹介 | センターの紹介 | 取り組みの概要 | 夜間糖尿病教室のご案内

センター長紹介

糖尿病センター長  小川 吉司小川 吉司 (おがわ よしじ)【副院長、医療安全管理室長、栄養管理部長】
  • 卒業年/昭和61年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本糖尿病学会専門医・指導医、日本内科学会認定医、日本糖尿病学会学術評議員、日本糖尿病協会国際委員、弘前大学臨床教授、青森県立保健大学非常勤講師
  • 得意分野/糖尿病

センターの紹介

平成22年に開設された糖尿病センターは、内分泌内科、眼科、皮膚科の3診療科で構成されています。
糖尿病は放置することで合併症が進行する厄介な病気です。
当センターは、

  1. 合併症を未然に防ぐこと
  2. 合併症を早期に診断して悪化・進展を防ぐこと
  3. 進行した合併症を専門的治療で改善させること

を目的に立ち上げられました。
そのために、3診療科の医師、コメディカル(看護師、栄養士、検査技師、薬剤師、健康運動指導士)が役割分担、連携を図りながら患者の診療にあたっています。入院患者を対象に、毎日糖尿病教室を行ない、合併症にならないための自己管理方法を指導しています。
 
また、糖尿病性壊疽の原因になるような足病変を早期に発見するため、皮膚科の医師が入院患者の皮膚病検診を行なっています。重症の網膜症(増殖性網膜症)に対して行われる手術は当院で行う全硝子体手術の7割をしめます。
 
平成24年からは、フットケア外来や外来での透析予防指導も行っており、青森県における糖尿病診療の中心的役割を担っています。

このページのTOPへ

取り組みの概要  ~新しい医療モデルの創造を目指して~

2015年7月31日、青森県立中病病院で行っている最新の治療や取組について紹介した『青森県立中央病院―新しい医療モデルの創造を目指して』を発行しました。安全で高度な医療を提供する医療現場の挑戦の様子をご覧ください。
 
糖尿病センターの取り組みをご紹介します。

このページのTOPへ


令和2年度の夜間糖尿病教室のご案内

  • 今年度開催日程は、新型コロナウイルス感染予防対策により未定

このページのTOPへ

本文はここまでです