ここから本文です

臨床遺伝科

臨床遺伝科の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ

部長 北澤 淳一(きたざわ じゅんいち)
 【臨床検査部長、医療の質向上統括調整監、中央採血部長、感染管理室長、輸血・細胞治療部副部長】

  • 卒業年/昭和63年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/臨床遺伝専門医、臨床検査専門医・臨床検査管理医、日本輸血・細胞治療学会認定医・評議員、血液専門医・指導医、小児科専門医、日本小児血液・がん学会評議員、日本感染症学会推薦感染制御医師(ICD)、日本医師会認定産業医、診療情報管理士、日本感染症学会暫定指導医
  • 得意分野/臨床遺伝学、臨床検査医学、輸血学、血液疾患、小児科全般、感染症、診療情報管理
副部長 橋本 直樹(はしもと なおき)【乳腺外科部長】
  • 卒業年/平成9年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本外科学会専門医・指導医、日本乳癌学会認定医・専門医、日本消化器外科学会専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医、マンモグラフィー読影医、臨床遺伝専門医
  • 得意分野/乳腺外科

このページのTOPへ

臨床遺伝科のご紹介

臨床遺伝科外来 がん遺伝子パネル検査 BRCA1/2遺伝子検査
クリニカルバイオバンク

臨床遺伝科は、遺伝的な悩みの受け皿として、また、カウンセリングが必要な検査(遺伝子検査)を受けるための説明および結果を得たのちのご本人の対応に関する意思決定のための情報提供を目的として、カウンセリングを実施する外来を平成29年6月から開設し、平成30年3月からは遺伝疾患を中心として、診療を開始しました。
 
また、当院は国立がん研究センター中央病院を中核とする「がんゲノム医療連携病院」です。当科は当院各診療科・各部門と連携してゲノム医療に取り組んでいます。当科では主に以下のような診療・業務を行っております。 

 
臨床遺伝科診療申込書  患者基本情報
 

このページのTOPへ

部長から

遺伝的な悩みの受け皿として、また、カウンセリングが必要な検査(遺伝子検査)を受けるための説明及び結果を得た後のご本人の対応に関する意思決定のための情報提供を目的として、カウンセリングを実施する外来を実施し、遺伝疾患の診療もしています。
 平成30年10月より、国立がん研究センター中央病院(がんゲノム医療中核病院)と連携し、がんゲノム医療に対応しています(がんゲノム医療連携病院)。平成31年3月からは評価療養、令和元年7月からは保険診療としてのがんゲノムプロファイリング検査を開始しました。

このページのTOPへ

本文はここまでです