ここから本文です

脳卒中診療部

脳卒中診療部の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ | 部長から

診療スタッフ

部長 新井 陽(あらい あきら)【臨床心理支援部長、脳神経内科部長】
  • 卒業年/平成11年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本神経学会専門医、日本内科学会総合内科専門医・指導医、医学博士
  • 得意分野/臨床神経学全般、パーキンソン病薬物療法、脳血管障害、認知症

部長から

2019年より新設されました。現在、当院の虚血性脳血管障害の超急性期・急性期治療は脳神経内科で、出血性脳血管障害は脳神経外科で治療を行っています。また、脳卒中の血管内治療は神経血管内治療部と協力して行っています。
 
現在、部長一人体制の新設部門ですので、当部として独立した外来・病棟はありません。急性期脳血管障害につきましては、これまで通り脳神経内科や脳神経外科あるいは救命救急センターへのご紹介をお願いします。
 
脳卒中診療は院内連携・地域連携システムの構築が重要となります。当院の脳卒中診療体制の充実・発展や地域連携の強化に貢献できる部門となるよう活動したいと思います。

このページのTOPへ

本文はここまでです