ここから本文です

脳神経センター

センター長紹介 | センターの紹介 | 取り組みの概要 | 脳神経内科の実績 | 脳神経内科の実績

センター長紹介

脳神経センター長  冨山 誠彦 部長 冨山 誠彦(とみやま まさひこ)【脳神経内科部長】
  • 卒業年/昭和61年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本神経学会代議員・専門医・指導医、日本パーキンソン病運動障害疾患学会実行委員、日本脳卒中学会代議員・評議員・専門医、日本内科学会総合内科専門医・指導医、日本神経治療学会評議員、日本難病ネットワーク学会評議員、医学博士
  • 得意分野/臨床神経学全般、パーキンソン病薬物療法、神経変性疾患、脳血管障害

このページのTOPへ

センターの紹介

2008年4月に脳神経センターが開設され11年目に入ります。現在、

  • 脳神経内科:39床(部長:冨山 誠彦)
  • 脳神経外科:36床(部長:村上 謙介)
  • 脳卒中ケアユニット:6床(部長:布村 仁一)

が稼働しています。2013年4月からは脳神経内科専門外来として、パーキンソン病、ボトックス、認知症外来を開設し取り組んでいます。
センター化構想は、脳卒中を含めた青森県全体の脳神経疾患を各診療科が協力して診療に当たろうとする目的で生まれました。
 

2018年4月現在、脳神経外科医:3名、神経内科医:9名が24時間体制で診療に取り組んでいます。毎朝、研修医達と一緒に症例検討会を行い、患者さんに適切な医療が提供できるよう努力しています。若年者から高齢者まで、神経変性疾患(パーキンソン病、アルツハイマー病など)、脱髄疾患、神経筋疾患、感染症、脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)、脳腫瘍、頭部外傷、機能的脳神経疾患(てんかん、片頭痛、三伴叉神経痛、顔面痙攣など)、水頭症など脳神経疾患全般に関わる最新の医療を提供しています。津軽及び下北地域10の中核病院との間で画像電送システムを用いた遠隔医療を、回復期病院と脳卒中連携パスを用いた医療連携を行っています。また、神経難病の在宅医療にも早くから取り組み、人工呼吸器管理による在宅医療に定期往診を行っています。
 
2015年5月からは、県立中央病院新成長プラン(4ヶ年計画)に基づいて、センター機能をさらに強化する為に以下の取り組み開始し、実現をめざしています。

  1. 神経難病医療の確保、充実:専門外来の開設
  2. ストロークケアユニット(SCU)の増設
  3. 脳卒中超急性期治療への貢献:ネットワーク構築、公開講座、教育活動
  4. 脳血管内治療の強化:専門医の増員
  5. 臨床神経生理機能検査の強化:臨床検査部との共同で
  6. 画像診断の地域支援:電送システムを用いた遠隔医療の拡充

詳細はホームページを参照してください。

このページのTOPへ

取り組みの概要  ~新しい医療モデルの創造を目指して~


脳神経センターの取り組みをご紹介します。

このページのTOPへ 

脳神経外科の過去5年間の実績

平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
入院総数 711 626 602 566 497
手術総数 524 415 444 464 308
観血(直達)手術 383 319 353 361 232
脳腫瘍 46 46 31 44 36
脳動脈瘤 58 52 66 67 61
うち未破裂 27 21 36 31 28
脳内出血 37 23 28 36 11
外傷 127 112 116 114 64
血管内手術 141 96 91 103 76
うち脳動脈瘤 57 48 39 36 33

このページのTOPへ

脳神経内科の過去5年間の実績

平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年
入院総数 710 605 584 593 627
脳血管疾患(主に脳梗塞) 400 328 311 322 340
脳脊髄変性疾患(筋萎縮症、小脳変性症など) 55 58 75 67 79
感染症(髄膜炎・脳炎など) 39 17 19 35 31
てんかん(重積発作、2次性癲癇など) 61 40 42 20 31
代謝性脳症(ウィルソン病、栄養性など) 21 22 11 12 3
末梢神経障害(ギランバレー、遺伝性など) 21 18 25 18 19
筋疾患(筋無力症、多発性筋炎など) 22 25 22 12 26
免疫中枢神経疾患(多発性硬化症など) 25 27 18 30 21
機能性疾患(前庭性めまいなど) 7 0 3 3 0
その他(脳外科的疾患、内科的疾患など) 59 70 58 74 77

このページのTOPへ

このページを印刷する
本文はここまでです