ここから本文です

救急部

救急部の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ | 診療内容 | ドクターヘリ運航状況

診療スタッフ

部長 齋藤 兄治(さいとう きょうじ)【総合診療部副部長】
  • 卒業年/平成7年
  • 卒業大学/自治医科大学
  • 資格など/日本救急医学会専門医、日本整形外科学会専門医、日本航空医療学会認定指導者、日本高気圧酸素治療専門医、社会医学系指導医、日本スポーツ協会スポーツドクター、青森県警察医、各心肺蘇生・外傷初期治療等のディレクター・インストラクター・プロバイダー、DMAT隊員(統括DMAT)
  • 得意分野/地域医療、プライマリケア
総合診療部長 伊藤 勝宣(いとう かつのり)
 【地域医療支援部副部長、健康推進室保健推進官】
  • 卒業年/平成11年
  • 卒業大学/自治医科大学
  • 資格など/ICLSディレクター、DMAT隊員(統括DMAT)、日本プライマリケア連合学会認定指導医、日本内科学会認定内科医・指導医
  • 得意分野/地域医療、内科、プライマリケア
副部長 小笠原 賢(おがさわら まさる) 【災害医療管理監、血液浄化療法部長、泌尿器科副部長】
  • 卒業年/平成4年
  • 卒業大学/秋田大学
  • 資格など/日本透析医学会指導医・専門医、社会医学系指導医・専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本泌尿器内視鏡学会技術認定医、ロボット支援手術プロクター(手術指導医)、ダ・ヴィンチ手術認定医、日本泌尿器科学会指導医・専門医、日本がん治療認定医、
    災害医療コーディネーター、統括DMAT、DMATインストラクター、日本航空医療学会認定指導者、被ばく医療指導士、JATECインストラクター、MCLSインストラクター、CBRNE-MCLSインストラクター、ADLSインストラクター、エマルゴシニアインストラクター、NST認定医
  • 得意分野/血液浄化療法、災害医療、ロボット手術、腹腔鏡手術、被ばく医療
副部長 佐藤 裕太(さとう ゆうた)【集中治療部副部長】
  • 卒業年/平成17年
  • 卒業大学/自治医科大学
  • 資格など/日本救急医学会専門医、JATECインストラクター、 JPTECインストラクター、 ICLSインストラクター、DMAT隊員(統括DMAT)、医師臨床研修指導医
  • 得意分野/プライマリケア
副部長 豊岡 広康(とよおか ひろやす)
  • 卒業年/平成22年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/JATECプロバイダー、PALSプロバイダー、PTLSプロバイダー、ISLSプロバイダー、ACLSプロバイダー
  • 得意分野/
副部長 山内 洋一(やまうち よういち)
  • 卒業年/平成23年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/
  • 得意分野/
医師 鷲田 啓資(わした けいすけ)
  • 卒業年/平成27年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本内科学会・認定内科医
  • 得意分野/
医療顧問 大西 基喜(おおにし もとき)
  • 卒業年/昭和60年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本内科学会総合内科専門医、日本感染症学会専門医・指導医
  • 得意分野/総合診療、臨床疫学

このページのTOPへ

診療内容

救命救急センターは救急部、総合診療部、集中治療部及び高度治療部からなります。救命救急センター専任医師及び各診療科の全面協力のもと、24時間365日対応しております。主に緊急度重症度の高い救急患者を中心に診療、入院治療を行っております(図1)
 
救命救急センターへ来院する患者は、平日日中は救命救急センター専任医師が対応しております。夜間休日は救命救急センター専任医師1名と指導医1名、研修医2名合わせて4名の当直で対応しております。(内科系・外科系の1名が救命救急センター所属)
平成24年度より休日のみ小児科医1名が午前10時から午後7時まで対応しております。救命救急センターでは主に急性呼吸不全、蘇生後脳症、多発外傷、敗血症、急性中毒、など全身管理が必要な患者の初期診療、入院治療に対応しております。
専門的知識が必要と判断した場合は、各診療科専門医が24時間バックアップ体制をとっており緊急の対応をしております。他、MFICU、NICU、ICU、EICUにも常時当直医がおり緊急時には連携して対応しております。
 
救命救急センターへの来院患者の年次推移を(図2)に示します。
平成12年度に救命救急センターを受診した患者数(Walk in + 救急車)は約12000人でしたが、ここ数年は16000人前後を推移しております。
また、救急車搬入数については、現在は約3500台を受け入れております。
 
walk in患者、救急車での搬入患者の入院率を(図3)(図4)に示します。大きな変動はありませんがwalk in患者は帰宅が圧倒的に多く、救急車での搬入患者は入院率が高いデータを示しております。
救命救急センターからの入院患者数は年々増加し、3000〜3500名を推移しております(図5)
 
救急車の応需状況(令和2年度のみ)、現場から全搬送の応需率94.1%(全搬送2590 /要請2752件×100)、入院率45.7%、現場から3次救急のみの応需率90.6%(3次のみ629 /要請694件×100)、CPA187件、CPA以外442件、入院率76.6%(入院482 /3次のみ搬送629件×100)、入院率99.8%(入院441 /3次のみ搬送(CPA以外)442件×100)図6)(図7)。
 
救命救急センターからの診療科別入院率は総合診療部(救急部、総合診療部の入院は全て総合診療部で統一)が最も多く、脳神経内科、消化器内科、小児科で多くなっております(図8)
 
疾患別入院患者の年次推移を(図9)に示します。
入院のうち、約4分の1はEICUもしくはICUに入院しております(図10)
 
また、病院前治療として、ドクターヘリやドクターカーを運用しております。
 
今後も院内各診療科、県内各医療機関や消防機関などの関係各医療機関と連携をとりながら県内の救急医療に少しでも貢献して参ります。

このページのTOPへ

令和2年度、令和元年度ドクターヘリ運航状況(基地病院:青森県立中央病院)

1.出動状況

出動要請(件) 不出動(件) 出動
患者接触 要請元
キャンセル
途中帰投 小計
令和2年4月 27件 7件 20件/21人 0件 0件 20件
令和2年5月 49件 7件 36件/36人 5件 1件 42件
令和2年6月 40件 9件 28件/28人 3件 0件 31件
令和2年7月 44件 12件 29件/29人 2件 1件 32件
令和2年8月 56件 17件 38件/39人 1件 0件 39件
令和2年9月 37件 9件 25件/26人 2件 1件 28件
令和2年10月 40件 7件 29件/32人 3件 1件 33件
令和2年11月 31件 8件 22件/22人 1件 0件 23件
令和2年12月 31件 24件 6件/6人 1件 0件 7件
令和3年1月 29件 9件 18件/18人 1件 1件 20件
令和3年2月 38件 24件 13件/13人 1件 0件 14件
令和3年3月 52件 18件 31件/33人 3件 0件 34件
474件 151件 295件/303人 23件 5件 323件

2.現場出動・転院搬送の別

区分 出動要請 出動
現場出動 373件 234件
転院搬送 101件 うち救急外来 51件 89件 うち救急外来 40件
施設間 50件 施設間 49件
474件          101件 323件          89件

3.外因性疾患・内因性疾患の別       4.疾患別

区分 出動要請 出動
外因性 233件 157件
内因性 241件 166件
474件 323件
区分 件数 人数
循環器 61件 61人
脳血管障害 97件 97人
外傷 202件 210人
CPA 11件 11人
その他 103件 103人
474件 482人

※NICU搬送14件含む

5.地域別要請件数

地域 件数
青森地域 179件
弘前地域 37件
三八地域 5件
西北五地域 81件
上十三地域 100件
下北地域 56件
秋田県 16件
474件

このページのTOPへ

本文はここまでです