ここから本文です

救命救急センター

救命救急センターの新着情報

このページを印刷する

センター長紹介 | センターの紹介 | 取り組みの概要

センター長紹介

救命救急センター長  高橋 賢一 髙橋 賢一(たかはし けんいち)
 【副院長、緩和ケアセンター長、地域医療情報推進監、外科部長】
  • 卒業年/昭和57年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本乳癌学会認定医、日本がん治療認定医、機構がん治療認定医、日本感染症学会インフェクションコントロールドクター、マンモグラフィー読影医
  • 得意分野/消化器外科

センターの紹介

救命救急センターは救急部、総合診療部、集中治療部からなり、それらを一体的に運用し、急性期から予防医学まで県民の多様なニーズに対応しています。また常に専門各科との緊密な連携のもと、適切な高度医療を県民の目線に立って継ぎ目なく提供できる体制の一翼を担っています。
 
なかでも救急部はウォークインから救急搬送まで1次〜3次救急に幅広く対応し、平成23年度からは青森県のドクターヘリの基地病院のひとつとしてヘリ運行を行っています。また基幹災害拠点病院としてDMATを含む災害対応、災害医療教育も積極的に行っています。
2016年1月には日本で初の原子力災害拠点病院に指定され、2016年度から原子力災害についても対応の訓練と病院内外に対する教育を行っています。
 
総合診療部は救急部と有機的に連携するとともに、初診のゲートキーパー機能や、各診療科にまたがる多臓器病変対応等の調整機能、予防医学から診断困難事例まで多岐にわたる訴えに対応する総合的機能を発揮した診療を行っています。さらには県内の地域医療を担う公的病院への支援活動も取り組んでおります。
 
集中治療部は、救急で蘇生した傷病者や多発外傷、中毒、呼吸不全、循環不全といった重症患者さんを、人工呼吸管理、器機を用いた循環補助、急性血液浄化、低体温療法、輸液・栄養管理などを24時間体制で行い治療しています。
 
ホットラインと救急車

このページのTOPへ

取り組みの概要  ~新しい医療モデルの創造を目指して~

2015年7月31日、青森県立中病病院で行っている最新の治療や取組について紹介した『青森県立中央病院―新しい医療モデルの創造を目指して』を発行しました。安全で高度な医療を提供する医療現場の挑戦の様子をご覧ください。
 
救命救急センターの取り組みをご紹介します。

このページのTOPへ

本文はここまでです