ここから本文です

外科

外科の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ | 診療内容 | 得意分野 | 部長から

診療スタッフ

部長 髙橋 賢一(たかはし けんいち)
 【副院長、地域医療情報推進監、緩和ケアセンター長、救命救急センター長、医療情報部部長】
  • 卒業年/昭和57年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本外科学会専門医、日本消化器外科学会認定医、日本乳癌学会認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本感染症学会インフェクションコントロールドクター、マンモグラフィー読影医
  • 得意分野/消化器外科
部長 村田 暁彦(むらた あきひこ)【がん診療センター統括部長(腫瘍外科)】
  • 卒業年/平成2年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本大腸肛門病学会専門医、指導医評議員、がん治療認定医、難病指定医、ストーマ認定士
  • 得意分野/消化器外科手術、腹腔鏡下手術
部長 西川 晋右(にしかわ しんすけ)【消化管外科部長、医療連携部長】
  • 卒業年/平成5年
  • 卒業大学/岩手医科大学
  • 資格など/日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、、日本消化器外科学会がん治療認定医、精神腫瘍学基本教育都道府県指導医、マンモグラフィー読影医、日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会評議員
  • 得意分野/消化器外科、大腸外科、骨盤外科
肝胆膵外科部長 梅原 豊(うめはら ゆたか)
  • 卒業年/平成6年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医、日本肝胆膵外科学会評議員、肝胆膵外科高度技能指導医
  • 得意分野/消化器外科、肝胆膵外科
乳腺外科部長 橋本 直樹(はしもと なおき)【臨床遺伝科副部長】
  • 卒業年/平成9年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本外科学会専門医・指導医、日本乳癌学会認定医・専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医、マンモグラフィー読影医
  • 得意分野/乳腺外科
副部長 加藤 雅志(かとう まさし)
  • 卒業年/平成11年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本外科学会専門医・認定医、マンモグラフィー読影認定医師
  • 得意分野/消化器外科、大腸外科、腹腔鏡下手術
副部長 木村 昭利(きむら あきとし)
  • 卒業年/平成14年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・指導医、消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本食道学会食道科認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、日本静脈経腸栄養学会 TOTAL NUTRITIONAL THERAPY DOCTOR
  • 得意分野/消化器外科、食道・胃外科、鏡視下手術
副部長 大橋 大成(おおはし もとなり)
  • 卒業年/平成15年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、消化器がん外科治療認定医、検診マンモグラフィー読影認定医
  • 得意分野/消化器外科
副部長 澤野 武行(さわの たけゆき)
  • 卒業年/平成18年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/JATECインストラクター、検診マンモグラフィ読影認定医、日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医、消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医、医師臨床研修指導医、難病指定医
  • 得意分野/消化器外科
医師 鍵谷 卓司(かぎや たくじ)
  • 卒業年/平成23年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本外科学会専門医、検診マンモグラフィ読影認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、厚生労働省医師臨床研修指導医
  • 得意分野/消化器外科
医師 山本 健(やまもと たけし)
  • 卒業年/平成29年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/
  • 得意分野/
医師 柴田 紗織(しばた さおり)
  • 卒業年/平成29年
  • 卒業大学/東北大学
  • 資格など/
  • 得意分野/

このページのTOPへ

診療内容

消化器外科:胃・大腸・肝胆膵の悪性腫瘍の手術・炎症性腸疾患
乳腺外科:乳がんの診断と手術
腹部救急外科:腹膜炎・腸閉塞・腹部外傷

得意分野

  • 胃がん、直腸がんの機能温存手術
  • 乳がんの乳房温存手術

このページのTOPへ

部長から

当科では,がんセンター化による臓器別疾患グループ性を導入しており、高レベルの安定したがん診療が行えております。チーム体制は上部消化管グループ、下部消化管グループ、肝胆膵グループ、乳腺グループに分かれ、それぞれが高度専門的に機能し、先進医療を担い、手術内容や手術件数も青森県で最も充実した癌治療を行っております。また、2017年4月より、外科の傘下で肝胆膵部門、乳腺部門が新たに設立されました。このことにより弘前大学、岩手医科大学との連携も深まり、外科の更なるパワーアップが期待されるところであります。
 
2018年の手術総数は814例で、全身麻酔手術が802例でした。

  • 上部消化管グループでは2016年の全身麻酔手術件数は135例で、食道癌手術9例、胃癌手術101例(腹腔鏡手術11例)、胃・十二指腸GIST(消化管間質性腫瘍)手術2例(腹腔鏡手術1例)、2017年は全身麻酔手術件数が128例、食道癌手術5例、胃癌手術94例(腹腔鏡手術15例)、胃・十二指腸GIST手術1例(腹腔鏡手術0例)、2018年は全身麻酔手術件数が137例、食道癌手術12例(胸腔鏡手術7例)、胃癌手術101例(腹腔鏡下手術16例)、胃・十二指腸GIST手術9例(腹腔鏡手術6例)で施行しております。
     
    胃癌における鏡視下手術は、早期胃癌に対して適応があり、腸の通り道を作り直す再建を体腔内で行う方法を2016年より導入し、体表創を更に小さくすることができ、今まで以上の低侵襲手術が可能となっております。胃癌手術件数は青森県1位であり、青森県の重要な責務を果たしております。胃癌全体の術後の在院日数は平均13.9日(中央値8日)であり、最も多い術後在院日数は7日です。胃癌術後は、がん地域医療連携パスを使用することにより、当院外科だけでなく連携病院(診療所)と病診連携を行い、今まで以上に手厚いフォローアップを行っております。
     
    また、食道癌に対する手術は、基本的に食道の90%以上の切除を必要とする食道亜全摘術が基本ですが、2016年より腹部操作に腹腔鏡を導入し、2018年より胸部操作も腹臥位胸腔鏡下で行う方法を導入し、低侵襲化、早期回復を図っております。それにより、胸腔鏡下食道亜全摘術の術後在院日数は平均26.7日(中央値27日)と早期回復を望める手術となっております。胃・十二指腸GISTなどの粘膜下腫瘍に対し、内視鏡医(消化器内科医)と合同で腫瘍部分のみを切除し、胃を温存する腹腔鏡内視鏡合同手術も積極的に施行しており、胃温存手術にも取り組んでおります。
     
    胃癌、食道癌に対して、術前化学療法後の根治手術も行っており、消化器内科医と連携しながら適切なタイミングでの手術を施行し、根治性そして質の高い治療を提供しております。
  •  

  • 下部消化管グループの手術件数は360例で,直腸癌93例,結腸癌140例とハイボリュームセンターの形相を呈しております。その約8割に鏡視下手術を導入しており、安定した手技による患者貢献がなされたと思われます。当時青森市で行えていなかった完全鏡視下手術は2015年4月より導入しており、大腸癌のスタンダード手技となっております。
     
    鏡視下手術が低侵襲なのは当然のことながら、3Dモニターを用いた拡大視効果により、より鮮明に細かい部位まで観察共有でき、出血量の減少、多臓器損傷の軽減、画像の共有による手術技術の習得の可視化、確実なリンパ郭清がなされております。更には力量の向上により、ほぼ開腹と同等のスピードで、開腹手術よりかなり合併症の少ない根治手術が行われており、術創の小さい整容性の良さと術創痛の軽減は当然のことながら、患者の早期離床および入院期間の短縮に寄与しています。
     
    また、直腸癌手術におきましても、これまで以上の肛門機能温存術式や永久ストーマの回避、術後排尿・性機能障害の少ない自律神経温存手術に努めております。鏡視下手術の導入により、更なる上の手術を行っており、バーチャル手術などの先駆的なMIS(Minimally invasive surgery)を行うことにより、益々の成績向上が望めるものと思われます。更にロボット手術も導入が開始され、今後益々の成績向上が望めるものと予測されます。
     
    また全国に先駆け、高度進行大腸癌に対する術前の化学療法導入により、腫瘍の縮小を図り、周囲臓器合併切除などの無駄な侵襲を避け、これまで不可能であった根治切除も可能になり、術後の遠隔成績ではかなりの高水準に位置すると思われます。
    その他、炎症性腸疾患、虫垂炎、腹膜炎などにも腹腔鏡を導入しており、術後の回復が早く、合併症の少ない、早期離床、早期退院ができる手術が行えております。
  •  

  • 肝胆膵外科の昨年度の手術件数は70件で、このうち肝切除が30例、膵切除が19例に施行されています。当院は日本肝胆膵外科学会の高度技能専門医修練施設に認定されており、肝臓癌や胆管癌、膵臓癌に対する難度が高い手術にも対応可能です。また、近年は低侵襲内視鏡手術へも積極的に取り組んでおり、腹腔鏡下肝切除術の件数も増加傾向にあります。
     
    なお、がん診療センター化に伴い受診が増加しているがんの患者さんに対応するため、胆嚢結石症などの良性疾患に対する手術は、基本的に他院にお願いしていますことにご理解のほど宜しくお願いいたします。
  •  

  • 乳腺グループでは2018年の手術件数は223例で、そのうち乳癌の手術は208例であり、手術件数は毎年増加しております。以前は乳房温存手術が乳腺手術の8割以上を占めておりましたが、最近では、乳房全切除術と温存手術は半々となっており、診断精度の向上、あるいは乳房再建手術の導入などが理由として挙げられると思います。
     
    センチネルリンパ節生検は176例行っており、術前、腋窩リンパ節転移が疑われない方に対して第一選択の手術となっております。2016年からセンチネルリンパ節生検に対し、ICG蛍光法を導入しより低侵襲な手術を心がけております。また2017年からは、形成外科の協力により、再建手術も行っております。2018年では5例のDIEP皮弁を使用した乳房再建を施行しました。その他、ティッシュエキスパンダー、シリコンインプラントを使用した再建も複数行っております。乳房再建ははのニーズがあったものの、施設として対応できなかった分野でしたが、このように乳房再建に対応できる体制が整い、これまでは対応できなかった症例に対しても適応拡大して手術が可能になったことは、とても喜ばしいことだと思います。さらに、遺伝性乳癌卵巣癌症候群に対する認知度が上がっており、2017年から創設された臨床遺伝科と連携し体制を整えつつあります。
     
    乳癌は、他の癌と比較し若い方でも罹患することがあり、また女性が多いため、妊孕性維持という観点から、当院産科や、コメディカルとのチーム医療を心がけています。乳癌薬物療法の分野では、どんどん新しい薬の登場があり、そういった治療の恩恵を受けられる方には積極的に薦めて安全に治療を行っております。当院には乳がん看護認定看護師が2人おり、積極的に乳癌診療に関わっており、色々な方面から患者さんをサポートすることで、乳腺医療の向上に向けて日々励んでいきたいと思います。

以上各グループ間の横のつながりも堅実で、人員的にもお互い助け合い、各個人の役割を効率的に担い、重複癌などにおいてのコラボレーションや他科との連携も実にうまく働いている状況で、患者にとってのベストな治療が行えているものと、自負するところであります。今後とも、鏡視下手術の更なる発展は当然のことながら、高度で確実な医療を提供するとともに、安心と愛情を与えることのできる日本一の外科がんセンターとして邁進し、青森県のがん死亡率の低迷の回復に努めていく所存であります。

患者さんへ

NCD外科手術・治療情報データベース事業に参加しています

このページのTOPへ

本文はここまでです