ここから本文です

中央診療部門

センター長紹介 | センターの紹介 | 取り組みの概要

部門長紹介

中央診療部門長  久保 恒明 部門長 久保 恒明(くぼ こうめい)
   【がん診療センター統括部長(腫瘍内科)、血液内科部長、治験管理室長】
  • 卒業年/昭和62年
  • 卒業大学/北里大学
  • 資格など/日本内科学会認定医、日本血液学会血液専門医、日本エイズ学会認定医、日本再生医療学会再生医療認定医、JALSG運営委員、骨髄移植推進財団施設責任医師、日本さい帯血バンク施設責任医師、日本造血細胞移植学会評議員
  • 得意分野/血液疾患

部門の紹介

中央診療部門とは全ての診療に欠かせない診断・治療・検査等の種々の診療支援を行う重要な中央部門の総称です。
 
中央診療部門には放射線部、内視鏡部、病理部、臨床検査、輸血・細胞治療部、神経血管内治療部、手術部、臨床工学部、栄養管理部、中央材料部、薬剤部、臨床心理支援部、中央採血部に、今年度から血液浄化療法部が加わり、全14部門が属しています。各部門は高度のトレーニングを受けた専門スタッフが在籍し、高度で良質な機能を保ちつつ院内各診療科の診療を支えています。
 
近年の医療の進歩や高度化に合わせ研鑽を積み、各部門が緊密に連携しながら、当院の果たすべき医療の提供に努めています。
 
CT

このページのTOPへ

取り組みの概要  ~新しい医療モデルの創造を目指して~


中央診療部門の取り組みをご紹介します。

このページのTOPへ

このページを印刷する
本文はここまでです