ここから本文です

成育科

成育科の新着情報

このページを印刷する

診療スタッフ | 診療内容

診療スタッフ

部長 網塚 貴介(あみづか たかすけ)【総合周産期母子医療センター副センター長、医療情報部次長】
  • 卒業年/昭和63年
  • 卒業大学/札幌医科大学
  • 資格など/日本小児科学会専門医、日本小児科学会(代議員、小児医療委員会委員)、日本周産期・新生児学会(評議員)、日本新生児成育医学会(評議員、診療委員会委員、医療安全委員会委員)、新生児蘇生法専門コースインストラクター、弘前大学医学部臨床教授、青森県立保健大学非常勤講師、青森中央学院大学非常勤講師、青森県小児医療対策協議会委員、特別支援学校における医療的ケア運営協議会委員、入院児童生徒等への教育保障体制整備運営協議会委員、青森県周産期医療協議会医療保健連携小委員会委員、災害時小児周産期リエゾン
  • 得意分野/発達支援、小児在宅医療
副部長 大瀧 潮(おおたき うしお)
  • 卒業年/平成14年
  • 卒業大学/弘前大学
  • 資格など/日本小児科学会専門医、日本小児神経学会専門医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医
  • 得意分野/障害児医療・神経発達・療育

診療内容

 当院では平成28年度春から総合周産期母子医療センター内に新たに「成育科」を新設しました。
 
成育科と言うと聞き慣れない方も多いと思います。当科はNICU(新生児集中治療室)に入院されていたお子さんを中心として、新生児期より何らかの疾病等の問題があったお子さん達への継続的なフォローアップと支援を目的とした診療科です。
 
令和2年度からは青森県医療的ケア児支援多職種コンサルテーションチームのコアメンバーとしての活動も開始しました。この多職種コンサルテーションチームは、医療的ケア児を支援する医療機関、福祉施設及び教育機関等と連携して、問題点を把握、改善策を検討し、必要な支援を提案・フォローしながら医療的ケア児とその家族を支援することを目指しています。今後も青森県内における医療的ケア児への包括的な支援体制構築のため、関係する諸団体との緊密な連携体制の構築を目指して行きたいと考えています。
 
青森県医療的ケア児支援多職種コンサルテーションチームに関しましては下記をご参照下さい。
青森県庁ホームページ

本文はここまでです