ここから本文です

臨床検査部ホームページ

血液検査部門
 
血液検査室では、主に血球分析(血球数、白血球分類)、形態学的検査(血液像検査、骨髄検査)、凝固検査を行っています。
血球分析や凝固検査は自動分析機で測定しています。その他の検査としては、血小板凝集能などがあります。

 

血球分析

血球分析の自動分析機です
血球数
血液細胞(赤血球、白血球、血小板)の数と、ヘモグロビン量やヘマトクリット値などを分析機で測定します。赤血球数とヘモグロビン量、ヘマトクリット値は貧血や多血症の指標になります。
 
白血球分類
白血球の種類を分析機で分類します。白血球数と白血球分類をあわせてみることにより、感染症や白血病などの指標になります。
 

形態学的検査
 
血液像検査
血液塗沫標本を作成して、異常細胞の有無などを顕微鏡で観察します。血液疾患の診断や治療効果判定のてがかりになります。
 
骨髄検査
骨髄(血液細胞が造られている組織)から骨髄液を採取し、塗沫標本を作成して細胞を顕微鏡で観察します。
 
顕微鏡で標本を観察・末梢血の塗沫標本の写真・骨髄の塗沫標本の写真

凝固検査
凝固検査の自動分析機です
血液の止血・凝固に関する検査を血漿を用いて分析機で測定します。心筋梗塞や脳梗塞などで抗凝固作用のある薬を服用しているときの効果の確認のためや、手術や検査の前に出血がきちんと止まるかどうかを調べるときなどに行います。
 
その他の検査
 
血小板凝集能
血小板凝集の度合いを確認する検査です。血小板機能異常の診断の指標になります。

このページを印刷する
本文はここまでです