初期研修医(初期研修2年目)長島あやからのメッセージ

写真:長島あや

研修医同士で情報共有したり勉強したり、切磋琢磨することができる良い環境だと感じます。

初期研修医 長島あや

青森市出身(2018年採用)
弘前大学卒業後、初期研修医2年目として日々を過ごしている。

問:研修先として当院を選択した理由を教えてください。
長島 学生時代の病院見学やクリニカルクラークシップで研修医の先生方が働く姿を目の当たりにし、当院に行けば、自ら考えて機敏に動ける研修医になれると感じました。また、皮膚科志望なので、初期研修中に外科的・内科的診療を学びたいと考えており、多くの診療科が揃っているのも当院の大きな魅力でした。
問:当院で研修をしてみた感想を教えてください。
長島 どの診療科を回っても、指導医の先生方の熱心なご指導をいただけるので、様々な知識や手技を習得でき、自分にできることがどんどん増えて成長を感じます。2週間に1回、各科の先生方が研修医向けに勉強会を開いてくださり、大変勉強になります。また、研修医が多いため、研修医同士で情報共有したり勉強したりして、切磋琢磨することができる良い環境だと感じます。当院を選んで良かったと心から思います。
問:研修施設としての環境は?
長島 救命救急センターの日当直では、1次救急から3次救急まで様々な疾患の初期対応を学ぶことができます。内科系疾患と外科系疾患のそれぞれにバックアップの先生がいてくださり、安心して診療を行いながら実力をつけていくことができます。また、当院は診療科や症例数が多く、様々な経験を積むことができ、将来の糧になるような環境だと思います。
問:日々の業務の中で印象に残ったことを教えてください。
長島 病棟回診時に、患者さんから、「先生に話すだけで、心のもやもやがすっきりするんだよね。毎日話を聞いてくれて本当にありがとう。」と言われたことです。私の立ち居振る舞いだけでも患者さんを元気づけることができると実感し、患者さんにとって話しやすい医師でありたいです。
問:将来について考えていることはありますか。
長島 将来育児をする立場になっても、仕事は続けてキャリアアップ していきたいと考えています。

後期研修医大澤瑛からのメッセージ

写真:山内翔平

上級医が研修医向けに勉強会を開いて
くださるので、大変勉強になります。

後期研修医 大澤瑛

蓬田村出身(2016年採用)
当院での初期研修を経て、後期研修医(家庭医プログラム)3年目。

問:研修先として県病を選んだ理由を教えてください。
大澤 父が地域医療に従事しており、将来的には父のように地域医療に携わりたいと考えています。そこで、将来を見据えて経験を積むためにも症例数や診療科の多い県病を選びました。
問:県病での初期研修はいかがでしたか?
大澤 特に救急救命センターの当直がすごく勉強になりました。指導医の先生がどのように対応しているのか見るだけでなく、当直翌朝のカンファレンスではその場ですぐにフィードバックができるのが何より勉強になりました。
問:指導医の先生はどうですか。
大澤 みなさん熱心に教えてくださいます。普段の診療時はもちろんですが、2週間に1回は必ず各科の上級医が研修医向けに勉強会を開いてくださるので、大変勉強になります。
問:今後目指していく方向について教えてください。
大澤 まずは家庭医療専門医の取得を目指しています。家庭医ではよく「患者さんの病気ではなく患者さん自身を診る」ということが言われていますが、総合診療部の外来では患者さん本人やご家族の生活背景の幅が本当に広いということを実感しました。まだまだ知識不足なので、医者としての知識をつけていくことはもちろんですが、患者さんに寄り添っていけるよう経験も積んでいかなければいけないと思っています。
県病を目指している学生へのメッセージがあれば。
大澤 県病は診療科が多いので、最初に将来進みたい診療科が決まっていなくても、研修で様々な診療科を回りながら進む道を決めていくことができます。また、研修医も多いので、研修医同士で情報交換や勉強を行い、切磋琢磨していけるのが魅力だと思います。

救命救急センター 技師 岡田怜子からのメッセージ

写真:岡田怜子

専門性の高い看護経験ができる教育体制が
しっかりしています!

救命救急センター 技師 岡田怜子

青森市出身(2006年採用)
外科病棟で9年間勤務後、救命救急業務にあたる。

問:当院を選択した理由を教えてください。
岡田 前任地の病院では手術室勤務で一般病棟の経験がありませんでした。そのため、大きな総合病院で様々な分野の勉強がしてみたいと思ったことと、認定看護師などを取得するための環境が整っていると感じ、より専門性の高い看護が経験できると思いました。
問:病棟業務と業務内容は違いますか。
岡田 現在は救急外来業務とフライトナース業務を行っていますが、病棟勤務であっても、患者さんの状態に応じて、何が必要かを判断し、迅速に対応する部分は一緒だと思います。病棟業務とは違う点は、どのような状態の患者さんがくるのか決まっていないことです。例えば、5分後には緊迫した場面に変わっていることもあるので、そういう意昧で何が起こるか分からない緊張感のある業務だと思います。
問:フライトナースは希望ですか。
岡田 はい。遠方の患者さんが急変し、来院した時には手の施しようがなく、看取りとなったことをきっかけに、こちらから駆けつけてすみやかに救急処置ができるフライトナースという仕事に魅力を感じました。フライトナースとして勤務し、患者さんから、「わざわざありがとう」と声をかけていただくことがあります。今後も、患者さんの声に応えられるよう、また、多くの患者さんを救えるように知識や技術を磨くことはもちろんですが、プレッシャーのかかる場面でも自分の力が最大限に発揮できるように精神面もタフになるように頑張ります。
問:今後の目標を教えてください。
岡田 ドクターヘリの現場では患者さんの状態をみて搬送するため、フライトナースには短時間で、正確に処置をすることが求められます。また、患者さんの処置や治療を行うと同時に家族対応や他職種との連携をマネジメントするなど、様々な状況に臨機応変に対応する力も必要です。自分の行動一つ一つが患者さんの予後に影響を与えるため、責任と難しさも感じています。フライトナースとしてはまだまだ経験は浅いですが、一つ一つの経験を必ず次の現場で活かすと決めて日々の業務に取り組んでいます。

脳神経内科 副部長 羽賀理恵からのメッセージ

写真:羽賀理恵

院内に保育所があることも
働きやすい環境だと思います。

脳神経内科 副部長 羽賀理恵

大鰐町出身(2007年採用)
3人のお子さんの育児をしながら勤務。

問:脳神経内科での仕事について教えてください。
羽賀 脳血管障害をはじめとした急性期疾患から、認知症やパーキンソン病などの神経難病といった慢性期疾患まで、まんべんなく脳、脊髄、末梢神経、筋の神経系疾患を診療しています。また、筋萎縮性側索硬化症など在宅療養を行っている患者さんの訪問診療も行っています。
問:育休後の復帰に不安はありましたか。
羽賀 特に第2子の復帰の際はありました。ただ、今は部分休業を利用して勤務を短縮しており、この制度のおかげでとても助かっています。また、院内保育所があるのもありがたいです。
問:院内保育所の利用について教えてください。
羽賀 通勤で一緒に通えるのが便利であるだけでなく、看護師さんが配置されているので、子供が熱を出したときや、病後児保育も安心してお願いできるので助かっています。その他にも、急患で帰宅が遅くなる場合など、急な夕食の対応をしていただけることもありがたいです。
問:育児と仕事の両立は大変ではありませんか。
羽賀 思うように仕事ができず周りに迷惑をかけていないかという気持ちと、子供の面倒はしっかりとみたいという思いの葛藤はあります。でも、今は両立を続けることが一番大事と考えています。このような勤務体系で働けるのも、脳神経内科のスタッフが支えてくれているからなので、感謝の気持ちを忘れずに働いています。
問:これから目指していきたいことをお聞かせください。
羽賀 育休からの復帰後は不安なまま仕事をしていましたが、子供を持つ先輩がいろいろと相談に乗ってくださり助けてくれました。もし今後、後輩が同じような状況になったら、今度は私が力になれたらよいと思っています。

新生児科 副部長 川村直人からのメッセージ

写真:川村直人

総合周産期母子医療センターとして、県内で
生まれた赤ちゃんたちの診療を担っています。

新生児科 副部長 川村直人

青森市出身(2007年採用)
家では2人のお子さんのお父さん。

問:当院で勤務することになったきっかけを教えてください。
川村 学生時代に県病の小児科やNICUを見学したのがきっかけです。実際に県病で働いているスタッフの姿や診療を見て県病で働くことを決めました。
問:当院の新生児科についてご説明いただけますか。
川村 総合周産期母子医療センターとして、県内で生まれた赤ちゃんたちの診療を担っています。特に超低出生体重児は県内出生のほとんどを扱い、診療成績も全国トップクラスを誇ります。
それを支えるのが積極的な国内留学です。私も平成25年から2年間、神奈川県立こども医療センターに留学しました。全国から集まってくる同期の留学生たちから刺激を受け、青森に戻ってからもつながりを続けています。
問:新生児科での仕事は大変ではありませんか。
川村 当直は月6回くらいですが、「家族を大切に」がモットーの科なので、自分たちの家族も大切にできる環境作りをしています。スタッフのほとんどが家庭持ちで、何かイベントがある場合には、スタッフが協力し合って休みを取れるようにしています。
問:この仕事をしていて良かったと思うエピソードがあれば教えてください。
川村 赤ちゃんが退院の時に、ご家族が笑顔でありがとうございましたと言ってくださったときですね。退院してからの長い人生をこの赤ちゃんがどう過していくのだろう、と考えながら治療することも楽しいと感じています。一方で、病状などで辛いこともありますが、ご家族と一緒に受け止めながらそれをどう乗り越えていくか考えていくことにもやりがいを感じています。
問:県病を目指している学生や医師へ何かアドバイスがあれば。
川村 NICUは「大変そう」と思われがちですが、実際には未来につながるとてもやりがいのある職場です。まずは「百聞は一見にしかず」、ぜひお気軽に見学に来てください!

集中治療部 技師 越後谷伸典からのメッセージ

写真:越後谷伸典

夫婦が協力して仕事と家庭両立ができる環境です。

集中治療部 技師 越後谷伸典

つがる市出身(2009年採用)
夫婦そろって勤務し、家では2人のお父さん。

問:夫婦一緒の職種ですが、家庭と仕事の両立はいかがですか?
越後谷 僕の実家はつがる市で妻の実家は秋田県なので、実家からの支援がなかなか受けられない環境にありますが、夫婦とも夜勤フルで勤務しています。このような働き方ができるのは、病棟の看護師長同士が話合ってシフトを組んでくれるおかげです。また、子どもの行事がある場合は、希望の休みも取得できます。
問:子育てには積極的に参加されていますか。
越後谷 はい。朝は子どもを起こし、朝食やお弁当の支度をし、子どもと一緒にこ飯を食べています。また、子どもを学校に出したり、保育園への見送りをしたりしています。子育ては大変なこともありますが、親の姿を通じて、子どもの自立心も芽生えてきていると思っています。
問:仕事と家庭とを両立させながら、取得した資格もありますか。
越後谷 これまで、呼吸器内科、外科、脳神経外科と脳神経内科を経て、現在集中治療室で勤務しています。救命の経験はなかったのですが、東日本大震災と熊本地震の救護班として災害派遣活動をきっかけに、災害派遣医療チーム(DMAT)隊員の免許を取得しました。その後、呼吸療法認定士と離床アドバイザーの資格を取得しました。臨床アドバイザーを取得した時は、資格取得の理由などのプレゼンテーションを看護部の担当者にして、快く応援もしていただきました。
問:当院を希望している後菫にメッセージをお願いします。
越後谷 男性の看護師は全体の1割を占めており、一昔前と違い、増えています。男女関係なく様々な部署で活躍することができ、やりたいことを言えて、応援してくれています。何よりも、核家族で、夜勤2人でやりながらの共働きは大変な面はありますが、シフトヘの配慮や子どもの行事参加のための休暇 取得など働きやすい環境がここにはあり、周りに恵まれて幸せだなと思っています。ぜひ、一緒に、ここで頑張りませんか。

薬剤部 治験管理室主査 小田桐正典からのメッセージ

写真:小田桐正典

県病には
やりたいことを経験させてくれる
風土がある。

薬剤師 薬剤部 主査(治験管理室兼務) 小田桐正典

平川市出身(2004年採用)
大学院卒業後、当院勤務。
午前中は薬剤部で調剤、午後は治験管理室に勤務し、忙しい日々を送っている。

問:治験管理室は新しい仕事ですね。
小田桐 治験は新薬を作って新しい治療法を広めていくことが目的なので、院内というよりも国内の医療水準を上げる仕事だと思います。治験管理室は、製薬メーカーや医師、患者さんの窓口であり、調整役でもあります。
問:現在の業務は希望されたのですか。
小田桐 薬剤師は県行政の薬剤師と一緒に採用されるので、行政の仕事を希望する人もいますが、私は病院を希望しました。また、薬の開発について興味があり、病院でもそういう仕事ができると知って治験業務を希望しました。
問:仕事はいかがですか。
小田桐 薬剤部では、主に内服薬調剤をしています。毎日、外来や入院の患者さんのお薬を作っているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。このほか、抗がん剤のミキシングや病棟での服薬説明、持参薬の照会などチーム医療の一員としての薬剤師の仕事も増えています。治験では、事務局担当として治験審査委員会の運営や治験薬管理、メーカー対応など行っております。自分が関与した治験で、新薬として承認を取得したものが出てきて、大変な仕事ですが、とてもやりがいを感じています。
問:働いて気がついたことはありますか。
小田桐 学生時代の友人と話している時に、県病はやりたいことをどんどん経験させてくれる風土があると気づきました。採用1年目から治験の仕事をしている人は全国的にも珍しいです。薬剤部ではがん薬物療法認定薬剤師や緩和薬物療法認定薬剤師、NST専門療法士などの資格所得や研修参加にも積極的です。また、間違いがあった場合でも叱るのではなく、原因をきちんと調べてしっかりと対策を立てようという姿勢が徹底しているので、若い人でも力を発揮できると思います。
問:趣味は。
小田桐 週1回程、社会人のバドミントンサークルに参加しています。体を動かすとスッキリするので、休日もアクティブに過ごすことが多いです。

臨床検査部主幹 西村司からのメッセージ

写真:西村司

改善した検査データを見て喜ぶ患者さんにやりがいを感じます。

臨床検査技師 臨床検査部 主幹(健康推進室兼務) 西村司

十和田市出身(2010年採用)
平成25年に健康運動関係功労者に対する厚生労働大臣感謝状を受賞。

問:臨床検査技師の仕事は幅広いですね。
西村 検査技師の仕事は生理検査と検体検査(生化学、血液、免疫、細菌、輸血、病理、一般検査)があり色々です。今後も広がりを見せると思います。私は生理検査業務の他に県病健康増進事業のメディコトリム、糖尿病患者の運動療法を担当しています。
問:認定資格も沢山ありますね。
西村 当院は複数の認定を持つ技師が多いです。幅広い知識と専門性が必要な検査の業務は多くの認定資格を取得することで相乗効果が生まれ業務に活かす事ができます。当検査部は認定資格の取得を推奨し、多くの研修会に参加する事ができる環境も整っています。
問:臨床検査技師の仕事をやっていて良かったことは何ですか。
西村 臨床検査の知識を活かし、メタボや糖尿病の患者さんの検査データの変化を確認しながら運動指導できる事や改善したデータを見て喜ぶ患者さんの姿を目にするとやりがいを感じます。
問:メディコトリム、糖尿病運動療法の担当をしているそうですが、どの様な事をしているのですか。
西村 体力測定、集団・個別指導、個人運動処方箋を作成して参加者に提供します。集団指導は楽しく運動をしてもらいたいので、笑いを大切にしています。血液データの管理・分析をして医師に提供しています。
問:メディコトリムや糖尿病運動指導で何か感じることはありますか。
西村 ハイリスク患者さんへの運動指導はスポーツクラブや自治体の健康増進事業では難しく指導を受ける機会が少ないので、病気が悪化する原因になります。ハイリスク患者への運動指導には医療スタッフの力が必要不可欠です。また、医療を主体とする健康増進事業を行うことにより短命県返上に貢献できると思います。
問:お忙しいと思いますが、ストレス解消は何ですか。
西村 運動指導の際に参加者の皆さんと大笑い、友人や仲間とお酒を飲みながら大笑い、中笑い、小笑いをすることです。

診療放射線技師 放射線部 技師 泊公之からのメッセージ

写真:泊公之

医師や看護師との連携が良く、
働きやすい環境です。

診療放射線技師 放射線部 技師 泊公之

鹿児島市出身(2012年採用)
全国規模の学会・研究会で活躍する先輩が在籍のもと日々業務をこなす。

問:当院を選択した理由を教えてください。
以前は鹿児島県内で勤務していましたが、妻が青森県に戻るということで…。当院は地域の中核病院であり患者数も多くスキルを高めることができると思いました。また、放射線技師としての様々な分野に、全国規模の学会などで活躍する先輩が在籍していて、知識や技術を学べるのも大きな理由でした。
問:当院でお仕事をしていていかがですか。
放射線部医師・看護師との協働の中で、分からないことや疑問に思ったこと等は快く教えていただいています。また、放射線部内の勉強会や災害時の訓練、急変時訓練なども行われており、良いチームワークでとても働きやすい環境にあります。
問:職場珊境はとのような感じでしょうか。
高い技術と豊富な知識を持った技師が多く、皆さん優しいので疑問点を相談しやすい環境です。また読影カンファレンスで気になった症例の解説もあり、知識の向上に繋がっています。
問:採用後のローテーションはとのようになっていますか。
経験が浅いうちは放射線部内の各部門を回り、経験を積むうちに専門性が決まっていきます。新人向けの各部門養成プロ グラムもあり、業務内容を覚えやすい環境を整えております。
問:どんな資格を取得している技師がいますか。
当院では多数の資格を持った技師が働いています。現在、磁気共嗚専門技術者1名、医療情報技師3名、医用画像情報管理士2名、放射線機器管理士2名、放射線管理士2名、臨床実習指導教員1名、健診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師5名、血管撮影・インターベンション専門診療放射線技師3名、第一種取扱主任者4名、X線CT認定技師2名、救急撮影認定技師1名などです。これら多くの資格取得に関してアドバイスを受けられます。
問:曰々の業務の中で、心がけていることを教えてください。
依頼医や画像診断医が求める画像をよりわかりやすく提供するために、読影室カンファレンスに参加させていただき、自分にできることを増やしています。また、日々の業務の中で分からないことや気になったことをメモし、解決するために研究し、学会や研究会などで発表するようにしています。

臨床工学技士 臨床工学部 技師 上野大輔からのメッセージ

写真:上野大輔

業務展開の幅が広いのが、当院の魅力です。

臨床工学技士 臨床工学部 技師 上野大輔

十和田市出身(2016年採用)
毎日違った仕事ができるので、新鮮な気持ちで仕事に臨めます。

問:当院を選択した理由を教えてください。
上野 学生時代から臨床工学技士として働くならすべての業務に携わりたいと考えており、生まれ育った地元の医療に貢献したいとの思いもあって、自分の理想とする環境だと感じたため当院を選びました。
問:当院でお仕事をしていていかがですか。
上野 救急救命で心停止の患者さんに人工心肺装置を導入して救命をする機会があり、そのとき自分の仕事が救命につながった、という実感を得ることができました。集中治療領域や手術室などでも命に直結する場面は数多く存在し、その一つ一つにやりがいを感じています。
問:採用後のローテーションはどのようになっていますか?
上野 入職してから2年間は透析業務や機器管理業務を行いながら、半年間ずつ心臓血管外科、心臓カテーテル、脳神経外科、NICU(新生児集中治療室)の4部門をローテーションしていきます。この研修終了後に希望する分野に配置され専門的なことを学んでいきます。
私の場合は、心臓血管外科手術に入って人工心肺装置の研修中です。他の日は人工透析の応援をしながら心臓カテーテル検査や集中治療室で仕事をしています。日替わりで仕事が異なりますが、逆に日々新鮮な気持ちで仕事に望めます。
問:働き方はどうですか?
上野 夜間は毎日6名のオンコール体制が敷かれ、心臓カテーテルや心臓外科手術などの緊急手術や集中治療領域の血液浄化や呼吸器管理など幅広い分野での対応をしています。各分野の待機はローテーション終了後に配置され、複数箇所の待機を兼任することで休みを確保するように調整しています。また、各分野の認定資格取得も積極的に行っており、エキスパートを目指せる職場だと思います。
問:休日は何をしていますか?
上野 今年から当院野球部に入部しまして、野球部の練習や試合に参加しています。多職種の方と、仕事を忘れて楽しくコミュニケーションをとることができています。
問:今後の目標を教えてください。
上野 今は人工心肺装置の操作を研修中で、一日も早く独り立ちできることが目標です。より質の高い医療を患者さんに提供できるように専門的な認定資格を取得し、自身のスキルアップを目指して行きたいと考えています。

理学療法士 リハビリテーション科 主査 石井玲からのメッセージ

写真:石井玲

これまでの経験や知識をフル活用でき、
レベルアップできる職場です。

理学療法士 リハビリテーション科 主査 石井玲

青森市出身(2014年採用)
365日リハビリができる病院を目指して、スタッフ皆で協力しています。

問:当院を選択した理由を教えてください。
石井 当院は3次救急病院かつドクターヘリの基幹病院なので、緊急の心臓血管手術を施行された患者さんなど高度な急性期治療後の患者さんが数多くいらっしゃいます。こうした患者さんに対して、早期の日常・社会復帰および再発予防(予後改善)を目的とした心臓リハビリテーションを少しでも広める役に立てればと思い、当院での就職に至りました。
問:当院でお仕事をしていていかがですか。
石井 次から次へと患者さんが来る中で、自ら必要な情報を収集し瞬時に判断することが求められます。心臓や血管の術後早期患者さんや合併症のある患者さんもいるので、緊張感はありますがやりがいも感じています。他の理学療法士スタッフや多職種の方々と一緒に心臓リハビリテーションの仕組みを立ち上げたときには嬉しかったです。
問:採用後のローテーションはどのようになっていますか?
石井 疾患毎にチームに分かれているので、脳卒中と整形外科などのチームを回り、ベースとなる知識をつけます。その後、関心のあるチームヘの配属や心臓リハビリテーション指導士、3学会合同呼吸療法認定士や専門・認定理学療法士の資格取得ができ、専門性を高めることができます。
また、介護休暇や育児の短時間勤務など、職員に配慮したシフトも可能なのでライフスタイルに合わせた仕事ができます。
問:日々の業務の中で、心がけていることは何ですか。
石井 医師や看護師から情報を収集し、病態を正確に把握することを心掛けています。多職種への積極的な声がけや、我々が介入した結果を医師や看護師へ必す伝えるようにするなど、職種間のコミュニケーションがリスク管理にもつながります。
また、患者さんの背景や生活状況・目標に合わせて、今この患者さんに必要なことは何かを考え、プログラムを工夫していくことを心がけています。それは、普段と違う運動メニューである場合もあれば、病気に対する教育であったり、家族への支援だったりする場合もあります。
問:今後の目標を教えてください。
石井 臨床活動と並行して、若い人たちへの教育や、研究発表や綸文執筆などを通して、心臓リハビリテーションの啓蒙·啓発に努めていきたいと思っています。
このページのトップへ