初期研修医からのメッセージ

先輩からのメッセージ

初期研修医 中村医師:支え合える同期の大切さを実感した一年でした

初期研修医中村 優希

神奈川県出身
2020年採用
弘前大学大学卒業
卒後1年目

研修先として県病を選んだ理由を教えてください。
大学時代に臨床実習や見学で訪れた際、指導医の先生方が熱心に指導してくださり、信念や情熱を持って診療されているのを見て、自分もそうなりたいと思ったことがきっかけでした。
また、診療科が豊富な上、研修プログラムの自由度が高い点にも魅力を感じました。研修中にローテート先を決めることができるので、入職前に将来の志望科が決まっていなくてもじっくり考える時間があります。
実際に県病で1年間研修をしてみた感想はどうでしょう。
救急医療の体制が非常に充実しています。初期研修医はwalk in患者から救急搬送患者までファーストタッチをすることができ、また24時間365日、総合診療部や救急部の先生がいらっしゃるので、判断に迷う場合にはコンサルトして指導をいただくことができます。
また、当直明けには、救命センターの朝カンファレンスで、毎回上級医から適切なフィードバックや評価を受けることができる教育環境が根付いており、一つ一つの経験を次に生かすことができます。当直回数は月5回程度と決して少なくはないですが、その分やりがいもあって充実しています。
研修で特に印象に残ったことは?
日々の診療方針で悩んだときなど、同期が本当に心の支えになってくれました。当院には、互いに尊重し合える、個性豊かな人が集まっています。新型コロナウイルス流行により困難な1年でしたが、相談しあったり、励ましあったりできる素晴らしい同期がいてくれたからこそ、乗り越えていけたのだと思います。
とある1日のスケジュール:初期研修医

初期研修プログラムについて

ここがポイント!

  • 県内唯一の総合周産期母子医療センター(産科・新生児科・成育科) での研修ができます。
  • 平成23年度から新救命救急センター稼働とドクターヘリ運航開始に より、救急部門の機能がますます充実しており、着実に力がつきます。2年目からはドクターヘリへの搭乗も可能です。
  • 研修教育関連行事が活発で、CPC を含む院内症例発表会、研修医による勉強会、各種カンファレンス、研修医による症例報告会などを行っております。
初期研修プログラム(例) 初期研修医専用の部屋:研修医室には、各自の机、談話スペース。男女別の仮眠室があります。
初期臨床研修医プログラムについて

後期期研修医からのメッセージ

先輩からのメッセージ

後期研修医 山本医師:Specialist with General mind

後期研修医山本 晴貴

青森県出身
2020年採用
弘前大学大学卒業
卒後3年目

研修先として県病を選んだ理由を教えてください。
内科医は Generalist であるべきだという信念があり、初期研修終了後すぐには専門領域に進まず、より広く内科診療を学びたいという想いがありました。県内では県病以上に内科系の診療科が揃っている市中病院はないと思いますし、地域や総合病院の中の総合診療科で経験を積みたいと考えていたため、総合診療部があり、指導が手厚い印象を受けた県病を選択しました。
県病の内科専門医研修について教えてください。
内科専門医研修として数ヶ月毎に各診療科をローテートし、様々な専門領域の知識を磨いていきます。最短3年間の研修を終えた時点で内科専門医試験の受験資格の取得が可能です。ローテーションする診療科には各内科に加えて総合診療部、救命センターおよび連携病院での研修も含まれており、その中におけるプログラムの選択自由度が高いことも魅力の一つであると思います。どの診療科でも手厚く指導していただいています。
実際に県病で研修をしてみた感想はどうでしょう。
内科専門医研修と言うと「初期研修医とどこが違うの?」と思われがちですが、自分自身が責任をもって、診療に携わることで内科医としての知識を磨いていくことができます。
例えば、今年は新型コロナウイルス感染症が流行し、県内外の流行状況を注視しながら診療体制を変化させていく必要があり、感染症診療の難しさを学びました。
今後目指していく方向について教えてください。
「Specialist with General mind」
高い専門性を身につけつつも、Generalな視点や能力をもった医師になることです。
とある1日のスケジュール:後期研修医

後期研修プログラムについて

ここがポイント!

  • 県立中央病院は、新専門医制度に基づく、内科・総合診療・産婦人科・麻酔科の専門研修基幹施設です。
    県立中央病院を基幹施設として、実践的な研修を行えます。
後期研修医:内科専門研修プログラム(例)
後期臨床研修医プログラムについて

部門紹介

がん診療センター

2008年に都道府県がん診療連携拠点病院として、がん診療センターを立ち上げ、各科横断的なシステムを導入しました。
緩和ケアセンターを含めた12の診療科が所属しています。

循環器センター

ハイブリッド手術室
ハイブリッド手術室の様子

県内の急性及び慢性の循環器疾患に対して、最高レベルの医療技術を24時間体制で提供することを目的としています。2018年にハイブリッド手術室を新設し、さらに新たな治療に対応できるように邁進しています。3診療科が所属しています。

脳神経センター

2008年にセンターが開設され、2019年からはセンター機能強化に取り組んでいます。2020年現在、24時間体制で診療に取り組んでいます。3診療科が所属しています。

糖尿病センター

2010年に開設されたセンターは、3診療科から構成されています。当センターは①合併症を未然に防ぐこと、②合併症を早期に診断して悪化・進展を防ぐこと、③進行した合併症を専門的治療で改善させることを目的としています。

総合周産期母子医療センター

2004年に稼働を開始しました。NICU、MFICU、成育科の3診療科からなり、全国でもワーストであった青森県の新生児死亡率や乳児死亡率は改善傾向を示しています。

救命救急センター

ドクターヘリ

当センターは4診療科からなり、急性期から予防医学まで県民の多様なニーズ対応しています。また、基幹災害拠点病院としてDMATを含む災害対応、災害医療教育を積極的に行っております。2016年には日本で初の原子力災害拠点病院に指定されました。


勤務条件(福利厚生)

勤務時間

8:15~16:45(休憩45分)

給与(支給例)

初期研修医給与(支給例) 後期研修医給与(支払例)

休暇・休業

年次休暇 1年20日(4月採用の年は15日)繰越制度あり
夏季休暇(4日)、結婚休暇、産前休暇、産後休暇、育児休暇、 育児休業、子の看護休暇、短期介護休暇、看護休暇、修学部分休業、自己啓発等休業 など

福利厚生

共済組合(年金・保険)、厚生会(貸付、助成)、食堂、院内保育所、公舎 など
青森県立中央病院の近隣には、研修医用の独身寮や家族用の医師公舎があります。

医師用公舎

当直について

1年目の9月から当直が始まり、月に3〜5回ほど当直を行います。
当直は、内科・外科系の医師とともに初期研修医が2~3人ずつ担当します。


選考方法

初期研修医

マッチング参加後に面接(書類審査を含みます。)

後期研修医

日本専門医機構HPで示されている応募フローに従って、希望プログラムに登録後、面接

募集内容・試験日程ついて
このページのトップへ