ここから本文です

連携充実加算のお知らせ【保険薬局のみなさまへ】

薬剤部から保険薬局のみなさまへ

青森県立中央病院では、外来化学療法を受ける患者さんへの連携充実加算の算定条件が整ったことに伴い、連携充実加算を算定させていただくことになりました。

限定的な運用をしており、実施中の診療科は以下のとおりです。
①消化器内科・腫瘍内科 令和3年3月15日運用開始
 新たな診療科にて運用を開始する際は、あらためてご案内いたします。
 
当院の運用については令和3年3月5日の第2回 薬薬連携充実研修にて説明いたします。
 
当院では、算定を実施した患者さんへ治療(レジメン)の情報や検査値、副作用メモ等をセット化した専用の緑色ファイルを交付します。副作用評価に必要な検査値等の情報を患者さんから開示してもらい情報共有ください。
 
保険薬局では、特定薬剤管理指導加算2の算定の有無にかかわらず、調剤後に電話等で服薬状況や副作用の有無を確認いただいた場合は、当院指定のトレーシングレポート様式を用いた報告へご協力くださるようお願いいたします。
外来化学療法副作用報告のトレーシングレポートを2種類、準備しております。(化学療法全般用と免疫チェックポイント阻害薬治療用)
 
外来化学療法副作用報告様式は、第2回 薬薬連携充実研修後、準備が整い次第公開いたします。
 

このページを印刷する
本文はここまでです