ここから本文です

取り組み ー医療安全管理室ー

医療安全管理室について | インシデント報告 | 取り組み | 患者さんへ

取り組み

1)インシデント・アクシデントの報告基準について

当院では、インシデント・アクシデントの他に以下の報告をすることを推進しています。
 
①合併症報告

  1. (24時間以内の)予期せぬ再手術(内視鏡治療も含めてすべて)
  2. 手術時の大量出血(70mL/㎏以上の出血、予定よりRBC-LR5単位以上使用)
  3. 術後の予定していないハイケアユニットへの入室
  4. 予定外の気管内挿管チューブの未抜管・人工呼吸器管理
  5. 予定外術式の施行(予定しない臓器の摘出、血管・神経・臓器の損傷、尿管・血管・神経などの吻合)
  6. 手術時間の予期せぬ延長(3時間以上)
  7. 術後の重篤な感染症:縫合不全、膿瘍、縦隔炎、膿胸、難治性の創感染などでIVRや再手術を要したもの(JCOG術後合併症基準:Clavien-Dindo分類でグレード3以上のもの)
  8. 内視鏡検査や治療中の消化管穿孔、重症膵炎など
  9. 心臓カテーテル検査やIVR後の心タンポナーデ及び輸血や手術が必要となった血腫形成、出血
  10. 中心静脈穿刺に関連した合併症:動脈穿刺、気胸などで処置(IVRや手術、ドレーン留置を要したもの)
  11. 肺塞栓症でショック状態を呈したもの(人工呼吸器・PCPS管理を要したもの、血栓除去術を要したもの)

②スタットコール事例
患者さんの急変時にスタットコール(応援医師)の要請をした報告を受けて、急変時対応の体制を整備しています。
③患者相談処理報告
患者さんや家族からの相談報告を受けて、患者支援委員会にて協議します。
 

2)医療安全研修会の開催

医療事故防止のために各種研修を実施し、職員の安全管理意識の向上、相互の連携を図っています。
特に、各部署・部門のリスクマネージャーを対象に現場リスクマネージャーの研修を実施し、安全文化の醸成に一役を担って頂いています。

医療安全必須研修会について

年2回、全職員に参加義務のある必須研修会を開催しています。当日参加できなかった職員は、集合研修の他、DVD研修、e-Learningを受講しています。

テーマ 参加人数
(参加率)
第1回研修会 インシデントの再現動画を視聴し、個々が疑似体験を通して医療安全について学ぶ 1500名(98.2%)
第2回研修会 ・医療安全とストレス管理
・2020年 院内でのインシデント・アクシデント報告
・印象深かった事例提示:事後対応が重要
1560名(97.3%)

医療安全必須研修会
(令和元年)令和2年は、感染防止のため、集合研修はせずにすべてe-Learningにしました。

3)医療事故調査制度について

医療事故調査制度の趣旨に基づき、院内協議(外部委員を含む)を実施し、報告することに取り組んでいます。
また、死亡カルテレビューから、予期しない死亡も監査しています。

4)急変・緊急対応の整備

①スタットコールの発動の推進
②アナフィラキシーショックの対応
③採血・注射・点滴行為における末梢神経損傷の対応

5)広報

職員に対して、「医療安全ニュース」を毎月発行しています。
当院の医療安全の現状や動向、事故防止の方策、医療安全に関する話題を掲載し、最新の情報を発信しています。
院内の研修会報告や特に注意すべき事象についても、文書や院内ポータルを利用して、注意喚起をしています。
 
医療安全ニュース
 
患者誤認防止対策の一環として、患者さん向けのメッセージを外来ホールのパネルに表示しています。
患者さん向けの呼びかけ

このページを印刷する
本文はここまでです