ここから本文です

フットケア外来

1.フットケアとは

糖尿病が進行すると、神経障害や末梢循環障害・視力障害などの合併症が出現します。これらの合併症により「痛みを感じない」「見えない」ということが生じ、ちょっとした足の傷に気付きにくいことや、自己処理で傷をつくってしまうことで壊疽となり、切断につながってしまいます。
フットケアは、糖尿病を持つ患者さんが足の壊疽や切断に至らないよう、足の観察・手入れの方法を知ることで自らの足を守っていくということです。

2.フットケア外来について

  • 対象:糖尿病を有し、合併症として神経障害・末梢循環障害がある方。もしくは壊疽や切断歴のある方。
  • ケア内容:簡易的な神経障害チェック、問診、足浴、爪切り、たこ削り、角質処理、保湿、薬剤塗布(持参した方)、フットケア指導
    ※フットケアに関する専門的な資格を持つ看護師が行います。
  • 受診方法:当院内分泌内科の診察を受け、医師の指示で予約となります。
  • 診療日:火曜・水曜 9:00~11:00 完全予約制
    1回30~60分 1日2名様まで
    ※その他の曜日のご希望があれば相談に応じます
  • 料金:保険適用となり、170円~510円を負担していただきます。
  • 場所:受付は内分泌内科、フットケア室は皮膚科外来奥にあります。
  • 問い合わせ先:内分泌内科外来 電話017-726-8135

 
 
フットケア外来

このページを印刷する
本文はここまでです