ここから本文です

第38回 緩和ケア勉強会 「がん患者と家族を支えるコミュニケーションの基本」

第38回 緩和ケア勉強会 「がん患者と家族を支えるコミュニケーションの基本」

患者さんから、医療者へのコミュニケーションスキルアップの要望が寄せられています。
コミュニケーションは、知識や講義だけでは改善が難しいスキルのひとつです。この機会に是非、学んでみませんか。

  • 日時 令和2年1月25日(土)  受付 13:00~ 研修時間 13:30~17:00
  • 場所 青森県立中央病院 3階 研修室
  • 対象者 がん医療に携わる医師、医療従事者30名
  • 内容
    【講義1】「がん患者と家族を支えるコミュニケーションの基本」 
       芙蓉会病院 院長 村上 拓也 先生
    【講義2】「がん患者の複雑な心理をめぐって」
       青森県立中央病院 臨床心理支援部 公認心理士/臨床心理士 寺澤 三和 
    【ロールプレイ】上記講義で習得した知識を実践につなげるためのロールプレイを行います。
       芙蓉会病院 医師 鈴木 克治 先生
  • 申込方法 ポスター裏面FAX用紙にてお申込みください。
     ○締切日は1月17日(金曜日)です。
     ○開催ポスター

お問い合わせ

青森県中央病院 緩和ケアセンター 
TEL 017-752-8549

このページを印刷する
本文はここまでです