ここから本文です

県立病院チャレンジ(挑戦)プラン2019の策定について

県立病院チャレンジ(挑戦)プラン2019の策定について

病院局では、「青森県地域医療構想」及び「青森県保健医療計画」において求められている県立病院の機能・役割に適切に対応し、更なる成長と地域医療を支える新たな医療モデルの創造に向け挑戦していくための新たな経営計画として「県立病院チャレンジ(挑戦)プラン2019」(以下「チャレンジプラン」という。)を策定しました。
 
チャレンジプランでは、県立中央病院及び県立つくしが丘病院の目指す姿の実現に向け、計画期間である2019年度から2022年度の4年間において、病院局が一丸となって取り組む方策を定めています。
 
県立中央病院では、県全域を対象とした高度急性期病院で、かつ県内唯一の県立総合病院として、より質の高い高度・専門・政策医療の提供のほか、県民が住み慣れた地域で安心して医療・介護を受けられる体制の構築を目指し、5つの取組方針を掲げ、5疾病・5事業をはじめとする各種診療の高度化や地域完結型の医療提供体制の構築に向けて取り組むこととしています。
 
県立つくしが丘病院では、県内唯一の県立精神科病院として、他の設置主体では対応困難な患者の受入れを強化しながら、患者の円滑な地域移行、さらには社会復帰を後押ししていくことを目指し、3つの取組方針を掲げ、重症の急性期精神疾患患者の受入強化や訪問看護ステーションの設置などに取り組むこととしています。

また、チャレンジプランの取組方策に係る具体的な取組内容と計画期間内の取組工程を定めた実施計画を策定し、毎年度、取組状況を点検するとともに、必要に応じて見直しを行いながら、チャレンジプランの着実な推進を図っていきます。

経営実績のページへ

このページを印刷する
本文はここまでです