ここから本文です

【県病だより】EICU(救急集中治療室)とはどんなところ?

青森県立中央病院には救命救急センターがあります。
 
センター内には、救急外来とEICU(救急集中治療室)があり、今回はこのEICUについてご紹介いたします。

EICUでは、呼吸不全、循環不全、肝不全や多臓器不全、多発性外傷などの集中治療が必要な患者さんを受け入れています。
 
具体的には、意識障害又は昏睡、急性呼吸不全又は慢性呼吸不全の急性増悪、急性心不全(心筋梗塞を含む)、急性薬物中毒、ショック、重篤な代謝障害(肝不全、腎不全、重症糖尿病等)、広範囲熱傷、大手術、救急蘇生後、その他外傷、破傷風等で重篤な状態、脳死判定目的ならびに脳死判定された臓器提供者意思表明患者などになります。

病棟内の様子

 

EICUの重要な役割としては、救急搬送され、集中治療が必要な患者の治療やクリティカルケア*の知識、技術の習得とケアの実践を図ることなどがあります。
*クリティカルケアとは重症患者さんの生命の危機状態にある患者の看護

EICUでの1日の流れ

・医師とカンファレンス、看護師間のカンファレンス
・患者ケア(観察、保清、検査介助、処置、注射等)、看護記録、機器類操作
・入院、転棟患者の対応 
・救命外来への応援
・心臓カテーテル検査介助 
・特別外来などの応援

カンファレンスの様子

 

看護の様子

 

ECMO(体外式膜型人工肺)

 

EICUスタッフは、日々の業務に加え、ME機器(人工呼吸器、ECMO*、CRRT**など)、疾病や看護ケアに関する勉強会を重ね、患者さんにより良い医療を提供できるように努めてまいります。
*ECMO(体外式膜型人工肺)
**CRRT(持続的腎代替療法)

このページを印刷する
本文はここまでです