ここから本文です

【県病だより】ながら運動《テレビ見ながら編》

近頃、雨の日や曇っている日が多く、なかなか思うように外で運動ができない日が続いていますね。
天気が悪いとおうちで過ごす時間が増えます。皆さんはテレビを見るときにどんな体勢で見ていますか?
ソファにゴロンと寝転がって見ていませんか?
 
今回は、県病メディコトリムの健康運動指導士がテレビを見ながらできる運動をご紹介します。
 

運動をするときは衝突や転倒などによりケガをしないよう安全に運動できる環境を整えましょう。決して無理はせず、自分の体と相談しながらできる範囲で行いましょう。体を動かして痛みが出る場合は中止してください。こまめな水分補給も忘れずに行いましょう。

 

 


 

 

まずは、体幹を鍛えるトレーニングです。うつ伏せになります。肘を肩から真下の位置に置き、脚は骨盤幅に開き、上体を持ち上げましょう。腰を反り過ぎて痛めないよう注意しましょう。つらいな~と感じたら、うつ伏せの姿勢に戻します。何度か繰り返し、つらくなってきたらやめましょう。この運動は、体幹を鍛えるだけではなく、猫背を改善する効果もあります。
 
余裕のある人は膝とつま先を立てて体を支えます。それでもまだ余裕がある人は、膝をマットから離しましょう。お腹と背中に力を入れ、お尻が上がり過ぎず、下がり過ぎないように注意しましょう。呼吸を止めずに行います。
 

 

 

 

次に、太ももの外側を鍛えていきましょう。

 

肘を肩から真下の位置に置き、体が曲がらないようにまっすぐに横向きに寝ます。天井側の脚を4秒かけて斜め45°程度までゆっくり上げて、4秒かけてゆっくり下げます。太ももの外側やお尻がつらいな~と思った回数でやめましょう。呼吸を止めずに行います。反対側も同じように行います。
 
日々のほんの少しの積み重ねがいつか自分の体に返ってきます。ほんの少しの時間を有効に使って、将来の自分の体へ繋げていきましょう。
 
決して無理はせず、自分の体と相談しながら無理のない範囲で運動しましょう。体を動かして痛みが出る場合は中止してください。

このページを印刷する
本文はここまでです