ここから本文です

新型コロナウイルス感染症の感染確認に関するご報告【3/12 14:12更新】

新型コロナウイルス感染症の感染確認に関するご報告【3/12 14:12更新】

 
 令和3年3月10日、当院に勤務する研修医2名の新型コロナウイルス感染症の感染が確認されました。
 
 当病院を利用されている患者さんとその御家族を始め県民の皆様、地域の医療機関を始めとする関係機関の皆様に御迷惑と御心配をおかけすることを深くお詫び申し上げます。
 
 感染が確認された2名は、現在、宿泊療養施設に入所中です。また、2名と接触した可能性のある病院スタッフ144名についてPCR検査を実施し、3月12日12時までに、全員の陰性が確認されています。
 
【診療について】
 入院・外来の診療は通常通り行っておりますが、救急診療については、患者さんが軽症の場合には、他の病院での受診をお願いすることがあります。
 当該医師をはじめ、職員は就業中は常時マスクを着用しており、患者さんへの感染防止には万全を期しております。
  
 当院においては、これまでも職員に対しては、感染防止対策、体調管理等を徹底するよう周知してまいりましたが、さらに徹底し、安心・安全な医療の提供に向けて引き続き全力で取り組んで参りますので、何卒御理解のほどよろしくお願いいたします。
 
 

令和3年3月12日

青森県立中央病院

院長 藤野安弘

このページを印刷する
本文はここまでです