ここから本文です

【県病だより】院内パス大会を開催しました。

2021年2月19日(金)に、院内パス大会を開催しました。

 
院内パス大会は、院内の各部署におけるパスに関する活動内容を発表する場であり、今回は新型コロナウイルス対策のため、“院内史上初”のWeb上で開催しました。
 
※パス(クリティカルパス)とは、質の高い医療・ケアや安心で安全な入院生活を提供するため、疾患や治療ごとに医療チームの行為(処置・検査・指導・ケア等)を組み込んだ標準的な診療計画です。
 
<配信会場>

 

 
 
<配信画面>

 

第一部

第一部は部署発表で、3つの部署からパスに関する取組についての発表がありました。
●『未破裂脳動脈瘤根治術パスについて』…9階西病棟(脳神経外科)
●『私とパスの戦い』…手術部
●『川崎病パスの使用状況と改善点』…4階西病棟(小児科)
 
<配信会場>

 

 
<配信画面>

 

 
Web開催ということで、配信会場の外から参加しているスタッフは、チャットのスタンプ機能を使って発表者に拍手をしました。 
<配信会場>

 

 

<配信画面>

 

第ニ部

第二部は院内パス・コーディネータ養成講座修了証授与式で、2021年1月25日の県病だよりで紹介した院内パス・コーディネータ養成講座を修了したスタッフに修了証が授与されました。
 
<配信会場>
 
 

 
<配信画面> 
 

  

修了証授与後は、院内パス・コーディネータ養成講座で講師を担当したスタッフから感想が発表され、パスへの熱い愛が示されました。 
<配信会場>
 
 

 
<配信画面>

  

史上初のWeb開催でしたが、大きなトラブルもなく無事に終了することができました。
今回の大会を、今後のパスの精度管理やパスに詳しい人材の育成などにつなげていきます。
 
※当院のパスの詳細についてはこちらをご覧ください。

このページを印刷する
本文はここまでです