ここから本文です

【県病だより】リハビリテーション科 − 新人スタッフ症例報告会を開催しました。

リハビリテーション科新人スタッフによる症例報告会が行われました。

この報告会はリハビリテーション科の新人教育の一環で、採用者があった年には毎年度実施されているものです。
 
この日は令和元年度4月1日採用の4名から症例の報告がありました。
 
○両上肢筋力低下を呈した中心性頸髄損傷患者の食事動作能力の向上を目指した介入 
 新人Aさん
 
○左頭頂葉出血性梗塞により多用な高次脳機能障害やpusher現象を呈した症例 ~座位練習に着目して~
 新人Bさん
 
○早期の装具歩行練習が姿勢制御機能の改善に有効であった症例
 新人Cさん
 
○好酸球性多発血管炎性肉芽腫への理学療法介入の経験
 新人Dさん

 

 

 

  
1年間の総括として新人スタッフがまとめた報告に対して、先輩スタッフから質問やアドバイスが示され、気づきを得られる良い機会となりました。
 
リハビリテーション科では、リハビリテーション科独自の教育プログラムのほかに、多職種を対象とした病院全体の教育プログラムにも参加しており、充実した新人教育プログラムを実施しています。

このページを印刷する
本文はここまでです