ここから本文です

青森県がん地域連携パスについて

青森県がん地域連携パスについての新着情報

このページを印刷する

運用開始日等 | 実施施設 | 運用方法 | 運用媒体等 | お問い合わせ

青森県がん地域連携パスの連携医療機関としてのご参加について

バラがん対策基本法に基づくがん対策推進基本計画において、医療機関の連携体制を構築し切れ目のない医療の提供を実現するため、全てのがん診療連携拠点病院は5大がん(胃、大腸、肺、肝、乳)に関する地域連携パスを平成24年4月より運用しております。
 
これを受けまして、当院及び県内のがん診療連携拠点病院等で構成する青森県がん診療連携協議会では、県内の医療機関において共通して利用いただけるように青森県統一パスの原案を作成し、県内のがん診療連携拠点病院と地域の医療機関との間で運用しています。
 
つきましては、主旨をご理解いただき、連携医療機関としての貴院のご参加について特段のご配慮をよろしくお願い申し上げます。

1 運用開始日・対象がん種

  • 平成24年4月1日から運用しております(胃がん、大腸がん、肝がん、乳がん、肺がん)
  • 平成25年11月1日から(胃がん(ESD))

このページのTOPへ

2 実施施設

  1. 【がん診療連携拠点病院】
     県立中央病院、弘前大学医学部附属病院、八戸市立市民病院
    【地域がん診療病院】
     十和田市立中央病院、むつ総合病院
    【青森県がん診療連携推進病院】
     青森市立市民病院、青森労災病院、三沢市立三沢病院、黒石市国民健康保険黒石病院
  2. 【連携医療機関】
     青森県がん地域連携パスへの参加を希望する医療機関

※県内いずれの医療機関でも参加可能です。
また運用開始日以降の参加も可能です。 参加希望がありましたら、青森県がん地域連携パスの連携医療機関としてのご参加について[Word 22KB]にご記載の上、FAXによりご連絡ください。

このページのTOPへ

3 運用方法

がん地域連携パスは「医療者用パス」及び「私のカルテ」の2種類で構成されています。

その他のパスの運用に関しては、青森県がん地域連携パスQ&A (Ver1.2)[PDF 542KB]をご参照ください。

このページのTOPへ

4 運用媒体

私のカルテ
平成30年4月1日より、胃・大腸・肝・乳・肺については「Ver2.0」での運用となります。
平成30年3月31日以前は「Ver 1.○」の様式を使用しております。
なお、当院では、平成30年4月1日から「私のカルテ」をA5製本版で運用します。
 
 

パスの種類 運用媒体 新様式(平成30年4月1日~) 旧様式
胃がん 医療者用パス Ver2.0 [Excel 350KB] Ver1.2
私のカルテ Ver2.0 [Word 5MB] Ver1.1
私のカルテ(記載例) Ver2.0 [Word 6MB] Ver1.1
大腸がん 医療者用パス Ver2.0 [Excel 357KB] Ver1.3
私のカルテ Ver2.0 [Word 4MB] Ver1.2
私のカルテ(記載例) Ver2.0 [Word 4MB] Ver1.2
肝がん 医療者用パス Ver2.0 [Excel 261KB] Ver1.3
私のカルテ Ver2.0 [Word 4MB] Ver1.1
私のカルテ(記載例) Ver2.0 [Word 4MB] Ver1.1
乳がん 医療者用パス Ver2.0 [Excel 509KB] Ver1.3
私のカルテ(※1) Ver2.0 1ヵ月~10年 [Word 5MB] Ver1.2
私のカルテ(記載例) Ver2.0 [Word 5MB] Ver1.2
肺がん 医療者用パス Ver2.0 [Excel 348KB] Ver1.2
私のカルテ Ver2.0 [Word 6MB] Ver1.1
私のカルテ(記載例) Ver2.0 [Word 6MB] Ver1.1
胃がん
(ESD後)
医療者用パス Ver2.0 [Excel 374KB] Ver1.0
私のカルテ Ver2.0 [Word 5MB] Ver1.0
私のカルテ(記載例) Ver2.0 [Word 5MB] Ver1.0
地域連携がん診療経過報告書 地域連携がん診療経過報告書 [Word 33KB]
地域連携がん診療経過報告書(県病ver) 地域連携がん診療経過報告書(県病ver) [Word 34KB]
患者さんへの説明・同意書 患者さんへの説明・同意書 [Word 17KB]

 (※1)乳がん:私のカルテ:旧様式 1ヵ月~5年 Ver1.25年~10年 Ver1.2

5 パスのエンドポイント/バリアンス

  • エンドポイントは、パスを活用している患者が経過観察後5年を経過し再発がない場合をいいます。
  • バリアンスは、パスを活用している患者が以下の状態になった場合をいいます。
    1.患者が死亡した場合
    2.がんが再発し計画策定病院を再診する場合
    3.他の疾患によりパス継続困難
    4.患者都合(患者が連携医療機関以外の医療機関に転院した場合等)

6 がん治療連携計画策定料、がん治療連携指導料の施設基準に係る届出

がん地域連携パスについては、平成22年度診療報酬改定において「がん治療連携計画策定料(750点)」及び「がん治療連携指導料(300点)」で評価されていますが、当該点数を算定するためには、地方厚生局に届け出る必要があります。

このページのTOPへ

お問い合わせ

青森県立中央病院 医療連携部 電話:017-726-8435 FAX:017-726-8162

このページのTOPへ

本文はここまでです