ここから本文です

消化器内科 -臨床研修ー

Ⅰ.一般目標

救急疾患を含む急性期医療から終末期医療まで、総合的な消化器診療能力の習得。

消化器関連の検査、治療がひととおり実践できるような技術の習得。

日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会等の専門医を取得することを目標として消化器病学の臨床、検査、診断、治療等に関して専門的知識、技能を習得する。

 

Ⅱ.行動目標

1)消化器病に関する諸検査法、その意義を理解、実施する。

2)画像検査の正常および病的所見を理解し、腹部超音波検査は実技を行う。

3)消化管造影検査、上部、下部内視鏡検査及び内視鏡的治療を安全に実施できるようにする。

4)内視鏡による胆膵検査及び治療の適応、検査所見を理解し、実技を習得する。

肝生検の適応、所見を理解し、実技を習得する。

5)超音波下誘導狙撃穿刺による検査及び治療が行える。

6)消化器癌に対する治療法の選択、適応が判断でき、実施できる。

7)消化器病に関する症例報告、臨床研究を行う。

Ⅲ.研修内容

1)消化管、肝胆膵疾患を有する入院患者を主治医として受け持つ。

2)週に1回以上消化器内科外来を担当し、消化器疾患の外来治療を経験する。

3)週に1〜2回消化管造影検査、腹部超音波検査及び超音波下経皮的穿刺による検査、

治療、上部・下部消化管内視鏡検査及び内視鏡による治療等に従事する。

4)日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会等の学会及び各学会誌に症例報告、臨床研究の成果を

発表する。

Ⅳ.各年次の研修到達目標

1.1年次 1)主検者として

①上部消化管内視鏡検査と腹部超音波検査を年間400症例経験する。

2)助手として

①経皮経肝胆のうドレナージ、②経皮経肝膿瘍ドレナージ、③経皮経肝腫瘍穿刺、④RFA、⑤緊急上部消化管内視鏡検査等の修練に努める。

3)①癌化学療法の基礎知識、②副作用について理解し、③主治医として治療を行う。

2.2年次 1)主検者として

①上部消化管内視鏡検査、②大腸内視鏡検査、③緊急上部消化管内視鏡検査、
④経皮経肝胆のうドレナージ、⑤経皮経肝膿瘍ドレナージを経験する。

2)助手として

①経皮経肝腫瘍穿刺、②RFA(ラジオ波焼灼療法)、③ERCP(内視鏡的膵胆管造影)等の修練に努める。

3)炎症性腸疾患の診断と重症度判定ができ、治療指針を理解できる。

4)院内頼診依頼に対し、対応できる能力を培う。

3.3年次 1)主検者として

①下部消化管のポリペクトミー、②内視鏡的止血術、③経皮経肝胆道ドレナージ

(PTCD)や④ERCPなどの検査・治療ができる。

2)①RFA、②緊急消化管内視鏡検査等を経験する。

3)救命センターの相談依頼に対し、対応できる能力を培う。

4.専門医等の取得 内科認定医・専門医と、消化器病学会、消化器内視鏡学会専門医等の取得を目指す。
(各学会認定期間経過後に所定の条件を満たせば受験可能です)
このページを印刷する
本文はここまでです