ここから本文です

心臓血管外科研修内容 -臨床研修ー

心臓血管外科専門医取得の一環として研修することを原則とするが、一般外科研修の一部として1年間程度の
研修も可。以下に当科の心臓血管外科専門医プログラムをしめす。

1.一般目標

「外科専門医」としての医療技術、知識を基礎にし、更に専門職としての心臓血管外科診療を実践できる専門医を養成するため到達目標を定め、研修を実践する。
研修期間は、外科専門医資格取得後、最低3年を必須とする。
 
1)心臓血管外科領域全体を包括した専門医としての知識、臨床的判断能力、問題解決能力を修得する。

2)手術については通常の心臓血管外科を適切に遂行できる技術を修得する。

3)医学、医療の進歩に合わせた生涯学習を行う方略、方法の基本を習得する。

4)自らの研修と供に上記項目について後進の指導を行う能力を修得する。

2.到達目標1:(基礎的知識)

心臓血管外科診療に必要な下記の基礎的知識(注1)を習熟し、臨床に即した対応ができる。
 
(注1) 基礎とは心臓血管外科に必要な局所解剖、先天性心疾患、後天性心疾患、大血管疾患、末梢血管疾患の

病態生理、輸液栄養学、循環呼吸管理、救急疾患への対応、心室補助、心移植の適応判断、心不全の外科治療などすべてを包括する。

 

1)解剖と病態生理 心臓血管外科診療に必要な心臓、大血管、末梢血管の局所解剖を理解する。
また、先天性心疾患、後天性心疾患、大血管疾患、末梢血管疾患の病態生理を
理解し、その治療体系に習熟する。
それらの疾患の手術適応や手術方法の適切な判断をおこなえる知識を習得する。
2)周術期の管理 疾患の特性、術後合併症、術式特性、手術侵襲などの病態を把握し検査計画、
治療計画を立て、指示することができる。
合併疾患に対する対応ができる。
3)輸液と輸血 臓器、疾患、術式などの特異性に合わせた水、電解質、酸塩基平衡を考慮し、
周術期の補正輸液、維持輸液、輸血を行うことができる。
心不全、呼吸不全、腎不全、ショック、糖尿病など併発症、合併症を持つ症例に
対し、疾患別、病態別の輸液計画を立て、実施することができる。
4)栄養と代謝 患者の病態や疾患に応じた必要熱量を計算し、適切な経腸、経静脈栄養剤の
投与、管理ができる。
栄養管理に必要な手技、処置および合併症に対する処置ができる。
5)外科的感染症 臓器や疾病特有の細菌の知識を持ち、抗菌剤を適切に選択、投与することが
できる。
AIDS、肝炎その他感染症を併発した患者に対する外科処置についての知識を
持ち、対処について述べることができる。
重症感染症に対する病態の把握に基づいた対応ができる。
6)血液凝固と
線溶現象
基礎疾患の特色、病態の理解に基づき出血傾向に対する処置、管理ができる。
血栓症の予防、診断および治療の方法について理解を持ち、的確に対応できる。
術後抗凝血療法の適応と方法を習得する。

2.到達目標2:(診療技術)

心臓血管外科診療に必要な知識、検査・処置の手技に習熟し、それらの臨床応用ができる。
 

1)下記の検査手技ができる。(注2)

2)検査、処置、手術の意義、適応を理解し、個々の症例の病態に併せ適切な検査、治療計画を立て遂行する

ことができる。

3)循環器疾患救急の対応、診断・治療:すべての循環器領域の救急に対するプライマリーケアができ、

緊急手術の適応を判断し、それに対応することができる。

 
(注2)動脈血採血、Swan-Ganz カテーテル挿入、心臓カテーテル検査、心血管造影検査、

心臓電気生理学検査、心エコー検査

3.到達目標:(手術技術)

一定レベルの手術の意義、適応を理解し、適切に実施できる能力を修得し、臨床応用できる。
 

行動目標 心臓血管外科に包含される全領域の手術を実施することができる。術者または助手として
経験する各領域の最低症例数は心臓血管外科専門医認定に必要とされた症例数に準ずる
ものとする。

4.到達目標4:

医の倫理に配慮し心臓血管外科の診療を行う適切な態度習慣を身に付ける。
 

行動目標 1.指導医、上級医、下級医ともに診療に参加することにより、グループ診療と協調による

心臓血管外科診療を行うことができる。

2.コメディカルスタッフと協調、協力してチーム医療を体験し、これを実践すること

ができる。

3.心臓血管外科診療における適切なインフォームド・コンセントを得ることができる。

4.1年上級であれば、下級医や学生の診療を指導することができる。

5.確実な知識と不確実なものを明確に識別し、知識が不確実なときや判断に迷うときには、

文献や指導医の助言などの教育資源を活用することができる。

5.到達目標5:

心臓血管外科の進歩に合わせた生涯学習を行う方略、方法の基本を習得、実行できる。
 

行動目標 1.カンファレンス、その他の学術集会に出席し、積極的に討論に参加することができる。
2.専門の学術出版物や研究発表に接し、批判的吟味をすることができる。
3.学術集会や学術出版物に症例報告や臨床研究の結果を発表することができる。
4.学術研究の目的で、あるいは症例の直面している問題解決のため資料の収集、

文献検索を独力で行うことができる。

6.具体的なカリキュラムおよびモデルプラン

一般外科修練後、心臓血管外科修練資料の臨床経験評価方法に従い、3年間で500点以上を目標とする。
各項目について1年毎にA(優)、B(中)、C(劣)、3段階の自己評価と指導医による評価を行う。
指導医による評価が到達目標(B)に達しないときは、再評価を必要とする。

年度毎の到達目標

1年次
年間 100点以上
難易度A)、B)の術者
難易度A)、B)手術の第一助手
2年次
年間 200点以上
難易度A)、B)、C)の術者
難易度A)、B)、C)の第一助手
3年次
年間 200点以上
基本的手術手技
難易度A)、B)、C)の術者
難易度A)、B)、C)の第一助手

モデルプラン

(目標点数500点)

モデルプラン作成にあたって以下のことに留意しまいた。

  • 年間、手術数240例として算定
  • 1年時は約半数、術者、第一助手として算定
  • 2年時、3年次は、2/3を術者、第一助手として算定
このページを印刷する
本文はここまでです