ここから本文です

リハビリテーション科研修内容 -臨床研修ー

Ⅰ.はじめに

このプログラムは2年間の初期臨床研修を終えた後に、リハビリテーション科を後期研修として選択する場合のプログラムである。
 
リハビリテーションについての理解を深め、下記の技能を取得する。
 
また、さまざまな疾患(脳血管障害、頭部外傷、切断、発達障害、循環器・呼吸器障害、神経筋疾患、脊髄損傷および骨関節疾患など)やさまざまな障害(嚥下、排尿、痙性、廃用症候群、褥瘡など)に対する基本的な病態を理解するとともに、それらへのリハビリテーション治療を身につける。

Ⅱ.研修期間と専門医等の取得について

リハビリテーション科専門医は、2年間の卒後臨床研修の後,日本リハビリテーション医学会認定の研修施設(青森県立中央病院リハビリテーション科等)で3年間以上のリハビリテーション医学の研修・学会発表を行うことにより、その受験資格が得られる。
 
従って、後期臨床研修医(シニアレジデント)研修プログラムの期間は3年間が基本となるが、各科のローテートを希望する後期臨床研修医(シニアレジデント)の方にも短期間(6か月を1単位)のリハビリテーション科研修の機会を提供する。
 
そのほか、脳卒中学会認定脳卒中専門医、補装具適合判定医師、身体障害者福祉法指定医等の資格が取得可能。

Ⅲ.プログラム指導者

青森県立中央病院リハビリテーション科部長

Ⅳ.研修目標

1.一般目標

リハビリテーションの理念の理解をもとにリハ医学に関する基本的な医学知識・技術、態度を習得して幅広い臨床対応能力を養い、職業的向上心・倫理観・科学指向性、経営感覚を有して次世代の専門医を育成することができる指導医としての素養を身につけること。

2.行動目標

専門医制度卒後研修カリキュラム(平成17年4月)に準じた研修目標の項目とレベルにて研修し、
評価は年次ごとに指導責任者と研修者自らが行う。
 

研修内容 到達目標
1年次 リハ医療の必要性・安全性・有効性を理解し実践するとともに
予後を予測する。
 
1)脳外科・神経内科・整形外科の疾患の初期対応や基本的技術を

習得する。

2)患者・家族との良好な信頼関係を構築し有用な病歴聴取ができ

社会的背景を洞察できる。

3)リハ医学の特殊性を理解して幅広い医学的知識に基づく診断・

評価ができる。

4)患者の問題点を正確かつ的確に把握でき基本的なリハ処方ができる。

5)先輩・同僚・他科・院外医師、コメディカルスタッフ、事務職員

等々と良好な信頼関係を築き、最も有効で効率的なリハ処方が

提供できる。

6)外来診察が指導のもとにできる。

7)学会発表、論文作成ができる。

6か月〜1年:
概ねCを目指す。
2年次 正確な診断と評価に基づく予後予測により的確なリハ処方ができる。
 
1)リハ医療の対象を的確に選択し予後予測に基づく標準化された

リハ処方ができる。

2)短期間で集約かつ集中的なリハ処方により治療効果を向上できる。

3)リハ治療効果・経過や予後予測を適宜行い退院や転院の早期化に

協力できる。

4)リハチームリーダーとしてカンファレンスなどの運営ができる。

5)リハ治療効果を安定・持続させるための地域の医療体制に理解し

協力できる。

6)学会発表、論文作成を指導できる。

2年:
概ねBを目指す。
3年次 急性期リハ中核病院のリハ科医師として地域リハ体制に協力でき、
リハチームリーダーとしてリハ科の運営・経営が理解できる。
 
1)独力で外来診察ができる。
2)生活者としての患者を理解できリハ医療による包括的な対応ができる。
3)後輩医師を指導できる。
4)自己の生涯の研修目標と研究目標を持つことができる。
5)継続的なリハ医療の実践として地域医療機関へ協力できる。
6)リハ科の運営と経営が理解でき問題点を探ることができる。
7)リハ科専門医取得の準備をする。
3年:
概ねAを目指し、
シニアレジデント
終了後に専門医
取得を目指す。

*到達尺度について
A:独立して出来る、指導できる。

B:殆ど独立して出来る、必要に応じて指導できる。

C:指導を受けながら自分で出来る。

D:手伝うことが出来る程度、殆ど出来ない。

Ⅴ.週間スケジュール

1.月〜水曜日、金曜日の午前中は外来診察室での診療、前記曜日の午後および木曜 日はリハ科入院患者
(10床)の診療に従事する。
2.火曜日の午後4時から院内各科に入院中の患者を対象としてリハビリテーション合同カンファレンスを行う。
3.木曜日の午後5時からリハ科入院患者カンファレンスを行う。
4.月〜水曜日、金曜日に補装具外来を行う。

このページを印刷する
本文はここまでです