ここから本文です

総合周産期母子医療センター新生児科(NICU)研修内容 ―臨床研修ー

総合周産期母子医療センター新生児科(NICU)

Ⅰ.当科の教育指導の特色

当院NICUは前身の未熟児室から平成13年4月にNICU化されました。
 
平成16年11月には総合周産期母子医療センター化され、青森県の総合周産期母子医療センターとして、青森県内で生まれた赤ちゃん達の診療を担っています。
 
特に1000g未満で出生した超低出生体重児は、県内出生の約9割を扱っており、地域周産期母子医療センターとの役割分担による連携を行っています。
これらの児の呼吸・循環管理を経験することで、新生児の集中治療を深く学ぶことができます。
 
また、NICUへ入院した赤ちゃんとお母さんとの分離(母子分離)を最小限にするための工夫や母乳育児にも積極的に取り組んでおり、特に在胎34-36週、出生体重2000g前後の児に対しては、生後間もなくからの「直母外出」の励行により可能な限りの母子分離軽減を目指した結果としての早期退院を目指しています。
 
更に2013年10月からはドクターヘリによる新生児搬送も開始しました。これまでのドクターカーに加え、「空」からの出迎え・三角搬送を行うことにより当院を中心とした県内の新生児医療体制をバックアップしていくこととなります。
 
若手医師の教育としては、国内の最先端施設への長期および短期研修にも積極的に取り組む一方で、国内の他施設からの短期研修も受け入れるなど施設間交流によるレベルアップにも取り組んでいます。
 

病床数:新生児特定集中治療室(NICU)15症+後方病床(GCU)9床の合計24床
総合周産期母子医療センターとしての施設基準を満たす設備・機器・人員を備えています。
当院は日本周産期新生児学会専門医制度の「基幹研修施設」として認定されています。
また、小児科専門医制度において、「弘前大学医学部付属病院小児科研修医(専攻医)プログラム」(研修基幹施設:弘前大学医学部附属病院)の「専門研修連携施設」です。

 

Ⅱ.主な診療・検査器材

1)人工呼吸器
Servo-i(NAVA) 1台、BabylogVN500 3台、ステファニー 2台、Babylog8000plus 2台、ハミングX 1台、SLE5000 4台、SLE2000HFO 2台、SLE2000 3台、カリオペ 1台、SiPAP 3台
 
2) その他の医療機器
RetCam(眼底カメラ) 1台、フラットパネルX線写真撮影装置 2台、aEEG 4台、呼吸機能測定器(ARFELⅢ) 1台、脳低体温装置 1台、気管支ファイバー 3台、
総合周産期母子医療センター専用ドクター 1台、血液浄化装置 1台、新生児搬送用保育器 3台(うちドクターカー用 1台、ドクターヘリ用 1台)

Ⅲ.特殊治療

重症新生児仮死に対する脳低温療法、一酸化窒素吸入療法、窒素吸入療法、血液浄化療法

Ⅳ.研修カリキュラム

研修カリキュラムは可能な限り日本周産期新生児学会専門医制度の研修カリキュラムに沿うことを
目指しています。(括弧内は各項目における研修開始年次)
 

1.基本内容 (1)知 識 1)ハイリスク妊娠・分娩の識別、母体搬送、ハイリスク胎児についての知識(1年目~)
2)健常新生児の生理と成長、発達の理解(1年目〜)
3)病的新生児の病態についての理解と診断、問題対処能力の体得(1年目〜)
4)母子相互作用および母乳保育の重要性についての理解と実践(1年目〜)
5)周産期医療の地域化などの社会医学の理解(1年目〜)
(2)診療技能 6)重症新生児の全身管理および集中治療(1年目〜)
7)分娩立ち会い(正常および異常分娩)と新生児の取り扱い(1年目〜)
8)新生児搬送(1年目〜)
9)健常児の乳児健診(1年目〜)
10)健全な母子関係の形成と確立についての支援(1年目〜)
11)ハイリスク新生児のフォローアップ(2年目〜)
(3)診療態度、医療倫理 12)家族への面接技術の体得(1年目〜)
13)疾患の説明技術の体得(1年目〜)
14)家族の心理の理解と支援(1年目〜)
15)母体・胎児・新生児・家族についての生命倫理の理解(1年目〜)
(4)研究、
教育、生涯教育
16)研修医・看護師・医学生・看護学生への教育体験(3年目〜)
17)臨床的もしくは実験的研究計画の作成と実施への参加(3年目〜)
18)学会発表および学会参加(1年目〜)
19)学術論文の刊行(1年目〜)
2.診断
および
治療技能
1)超音波を用いた診断技術(1年目〜)
2)気管内挿管(1年目〜)
3)人工呼吸管理(1年目〜)
4)ハイリスク新生児の施設間搬送(ドクターヘリ搬送を含む)(1年目〜)
5)交換輸血(1年目〜)
6)胸腔穿刺(1年目〜)
3.国内研修 希望によりNICU勤務1年程度経過した時点での研修実績を考慮のうえ
神奈川県立こども医療センターなどの全国各施設での研修を検討します。

Ⅴ.病棟カンファレンス

  1. NICUカンファレンス 週1回(月 13:30〜)
  2. GCUカンファレンス 週2回(火・金 10:15〜)
  3. 朝回診(医師のみ)毎日(10:15〜、火・金はGCUカンファレンス終了後より)
  4. 夕回診・当直医への申し送り(医師のみ)毎日 日勤業務終了後より
  5. 産科との合同カンファレンス 月2回(毎月第1・3月 17:30~)

 
*詳細についてはNICUホームページもご覧ください

このページを印刷する
本文はここまでです