ここから本文です

メンタルヘルス科研修内容  -臨床研修ー   

Ⅰ.青森県立中央病院メンタルヘルス科は病棟を持たない診療科である。精神科医を目指す研修医にとっては、精神科入院治療の臨床研修が欠かせない。
 
研修医においては、精神保健指定医の資格取得も当然考慮に入っていると思われるので、なおさら、病棟を持った精神科病院での研修は必須である。
 
したがって、当院のみで後期研修を完結することは望ましくない。ただし、当院でも経験できること、さらには、総合病院でなければ経験し得ないこともあるので、それらを中心に当院での精神科研修項目を設定した。
 
なお、上記のような理由で、当院で精神科研修をするとすれば、概ね1年程度が望ましい。以下の研修内容は、日本精神神経学会の精神科専門医ガイドラインを参考にして作成した。

 

Ⅱ.精神科専門医としての研修目標とその方法

1.患者および家族との面接

1)一般目標 患者を全人的に理解し、患者・家族と良好な人間関係を確立し、病歴を聴取して精神症状
を把握するとともに、自らの心理問題を処理する。
2)行動目標 ①患者および家族のニーズを身体・心理・社会的側面から把握し、必要な事項について

相手の気持ちを理解しつつ、わかりやすく説明できる。

②病歴を適切に把握することができる。

③精神症状を適切に把握することができる。

④患者の陳述をありのまま記載するとともに、専門用語に置き換えて記載することが

できる。

⑤治療者の心理的問題を処理することができる。

3) 方 法 ①以上の項目につき、講義を受ける。
②予診をとり、次いで指導医の診察を見学する。
③単独で患者を診察し、診療録へ記載し、報告に基づいて指導を受ける。
④教材を用いて学ぶ。

2.疾患の概念と病態の理解

1)一般項目 ①疾患の概念および病態を把握し、成因仮説を理解する。
2)行動目標 ①疾患の概念を理解し、病態を把握できる。
②各疾患に関する代表的な成因仮説を理解できる。
③②に関連して、機能解剖学、神経心理学、神経生理学、神経化学、分子遺伝学などの

概要について理解できる。

3) 方 法 ①講義、講演などを聞いて情報を得る。
②学会に出席して情報を得る。

3.診断と治療計画

1)一般目標 ①精神・身体症状を的確に把握して診断し、適切な治療を選択するとともに、経過に

応じて診断と治療を見直す。

2)行動目標 ①精神疾患の症状の把握・診断・鑑別診断ができる。
②病型の把握・診断・鑑別診断ができる。
③身体的および神経学的診察ならびに診断ができる。
④従来診断および国際診断基準(ICD-10、DSM-IV-TRなど)を使用できる。
⑤人格特徴を把握できる。
⑥精神症状を的確に把握できる。
⑦精神症状の意味を成育史、環境との関連から理解できる。
⑧適切な治療を選択できる。
⑨疾患の予後を判断できる。
⑩自傷他害の可能性の判断とその対策をたてることができる。
⑪精神科入院の必要性を判断し、説明・紹介ができる。
⑫経過に応じて診断と治療を見直すことができる。
⑬チーム医療およびコメディカルとの協力ができる。
3) 方 法 ①外来および病棟における初診患者の診断・治療について1.と同様な方法により学ぶ。
②担当患者について、回診ないし症例検討会で提示し、診断および治療について助言と

指導を受ける。

③教材を用いて学ぶ。

4.補助検査法

1)一般目標 病態や症状の把握および評価のための各種検査を行う。
2)行動目標 ①CT、MRIの読影と判読ができる。
②脳波検査および判読ができる。
③心理検査の依頼と実施ができ、結果を理解できる。
3) 方 法 ①上記各項目についてそれぞれ講義を受ける。
②指導医ないし専門技術者の指導の下に、習得に必要とされる十分な件数を経験する。
③教材を用いて学ぶ。

5.薬物療法

1)一般目標 向精神薬の効果・副作用・薬理作用を習得し、患者に対する適切な薬物の選択、
副作用の把握と予防および薬効判定を行う。
2)行動目標 ①向精神薬の薬理作用を理解できる。
②各種向精神薬の症状および疾患に対する効果・副作用・特徴を習得する。
③精神症状および疾患に応じた適切な薬物を選択できる。
④副作用の把握およびその予防ができる。
⑤薬効の判定ができる。
3) 方 法 ①向精神薬の薬理と使用方法について講義を受ける。
②経験症例により薬物療法を学ぶ。
③指導医からチェックを受ける。
④症例検討会で発表する。
⑤教材を用いて学ぶ。

6.精神療法

1)一般目標 患者の心理を把握するとともに、治療者と患者の間に起こる心理的相互関係を理解し、
適切な治療を行うとともに,家族との協力関係を構築して、治療を促進する家族の
潜在能力を大事にできる。また、集団の中の心理的な相互関係(力動)を理解する。
2)行動目標 ①患者とよりよい関係を築き、支持的精神療法が施行できる。
②力動的精神療法、認知療法、森田療法など各種精神療法について理解できる。
③家族関係の特徴を把握できる。
④家族との協力関係を構築し、疾患教育ができる。
⑤集団力動を理解できる。
3) 方 法 ①個人精神療法が特に必要とされる患者を担当し、指導医より定期的に指導を受ける.
②入院患者においては、医療スタッフとのミーティングに参加し、情報収集とともに、

チーム医療に参加する。

③指導医が家族と面接している様子を見学する。

家族と単独で面接し、その内容を指導医に報告して助言を受ける。

④教材を用いて学ぶ。

7.地域精神医療・保健・福祉

1)一般目標 地域精神医療・保健・福祉システムを理解し、患者の機能回復、自立促進、健康な
地域生活維持のための方策を実践する。
2)行動目標 ①患者の持つ健康な側面や潜在能力を把握し、患者を生活人として理解する。
②患者の機能を高め、生活の質を向上させるような心理社会的療法・精神科リハビリ

テーションの方策を実践する。

③関連する社会資源と共同すべき他職種の業務について理解する。

④地域・職場・学校などのメンタルヘルスを理解する。

3) 方法 ①地域におけるデイケア、小規模作業所、授産施設、生活訓練施設、グループホーム、

地域生活支援センターなどの実情を把握し、機会があれば情報交換等を行う。

②保健所の活動を把握し、精神保健相談等の業務に同席する。

③地域の精神保健活動の意見交換会等の会合に参加する。

④各種制度利用に関する公式文書を作成する。

8.精神科救急

1)一般目標 精神運動興奮状態や自殺の危険性の高い患者への対応など、精神科において救急を要する
事態や症状を適切に判断し対処する。
2)行動目標 ①精神運動興奮状態を呈している患者への対応および治療ができる。
②自殺の危険性が高い患者へ適切に対応できる。
③自殺未遂後の患者の治療ができる。
④身体的治療と精神科治療の優先度を迅速に判断し、適切な診療科あるいは

精神科病院への連絡・紹介・転送ができる。

3) 方 法 ①救命救急センターで精神科医としての活動を経験する。
②日直、当直で遭遇する救急患者で精神症状の著しい例を指導医の指示のもとに診察する。

9.リエゾン・コンサルテーション精神医学

1)一般目標 他科の依頼により、患者の精神医学的診断・治療・ケアについての適切な意見を述べ、
患者・医師・看護師・家族などの関係について適切な助言を行う。
2)行動目標 ①他科からの依頼に応じ、患者の精神医学的診断・治療・ケアについて適切な意見を

述べることができる。

②せん妄、抑うつ状態など、総合病院で頻発する精神医学的問題の実態を把握し、

適切な対策と治療ができる。

③他科でのミーティングに出席し、患者・医師・看護師・家族などの関係について

適切な精神医学的な助言を行い、問題解決に協力することができる。

3) 方 法 ①他科の患者の治療依頼に応じ、指導医とともにその実態を学ぶ。
②他科のミーティングに参加し、経験を積むとともに、指導医の助言を受ける。
③緩和ケアチームの活動に参加し、勉強会等に参加する。
④教材を用いて学ぶ。

 

Ⅲ.当院で研修可能な精神医学領域および精神疾患の主なものは次の通りである
 

1)リエゾン・コンサルテーション精神医療

2)精神科救急医療

3)せん妄

4)アルコールからの離脱状態

5)せん妄以外の器質性精神障害

6)せん妄以外の症状性精神障害

7)自殺企図

8)重度ストレス反応または適応障害

9)身体表現性障害

10)摂食障害

11)産褥に関連した精神および行動の障害

12)他に分類される障害あるいは疾患に関連した心理的および行動的要因

13)統合失調症

14)気分障害

15)パニック障害

16)強迫性障害

17)解離性障害

18)睡眠障害

19)人格障害

20)てんかん

このページを印刷する
本文はここまでです