ここから本文です

麻酔科研修内容 -臨床研修ー

Ⅰ.当科の概要

当院の中央手術部は9つの手術室、11台の手術台を有し、年間約2800例の麻酔科管理症例がある。
 
形成外科、小児外科を除く殆んとの外科系診療科が設置されており、呼吸器外科、脳神経外科は東北でも有数の手術数を誇っている。
 
心臓血管外科、外科、整形外科も県内有数の手術件数を有している。
 
当院は現在日本麻酔科学会、日本ペインクリニック学会の認定研修施設であり、麻酔指導医(専門医)により研修医の指導にあたる。

Ⅱ.目標

  1. 麻酔指導医、専門医の指導のもと、臨床麻酔を研修し、麻酔専門医を目指す。
  2. 希望によりペインクリニック、救命センターにおける研修も行い、必要に応じ指導医とともに主治医として患者管理を行う。

Ⅲ 対象

医師法による卒後臨床研修(ジュニアレジデント)2年修了者。

Ⅳ.一般目標

臨床麻酔における「術前評価」「麻酔管理」「術後管理」を習得し、特殊疾患患者の麻酔を含めて、麻酔管理と多くの診療科において求められる重症患者管理に必要なbasic scienceを学び、麻酔専門医取得のレベルへの到達を目指す。

Ⅴ.行動目標

1年次 1)待機手術患者及び救急手術患者の術前評価と麻酔管理を習得する。
2)脳外科手術、開胸手術、心臓血管手術などの麻酔に必要な知識と技術を習得する。
3)硬膜外鎮痛法を含め術後のペインコントロールを行う事が出来る。
4)医学生(クリニカルクラークシップ)の指導を行う。
5)麻酔関連の症例報告を行う。
2年次 1)気道確保困難例に対する対処法を学び実践できる。

2)脳外科手術、開胸手術、心臓血管外科手術の麻酔計画を立て、

麻酔管理を主たる麻酔科医として行う。

3)卒後臨床研修医(ジュニアレジデント)を指導できる。

4)臨床研究の研究計画を立て、実践する。

5)麻酔標榜医取得を準備し、2年目終了後には申請を行う。

3年次 1)スタッフ業務を補助し、手術室マネージメントを学ぶ。
2)臨床研究をまとめ、発表する。
3)麻酔認定医を申請し、専門医認定取得の準備を行う
このページを印刷する
本文はここまでです